« 阿部元太郎の造りしもの(七):‖雲雀丘100年浪漫 旧花屋敷駅は | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(九):‖雲雀丘100年浪漫 米進駐軍による接収 正司邸と高添邸 »

2018年9月 1日 (土曜日)

阿部元太郎の造りしもの(八):‖雲雀丘100年浪漫 銭屋五兵衛の墓

旧花屋敷駅と思われるあたりについてもう少し知っておこう。
出典:国土地理院ウェブサイト
Img20180825175729975 この地図(クリックで大きくなるかと)の
中央(+印)、今の花屋敷踏切のすぐ西に
旧花屋敷駅舎があったと思われる、
ちう話でしたが、そこから線路沿いに東へ
(川西能勢口方面へ)進みますと
線路のすぐ北に少しスペースがあります、
ここは「栄根寺(えいこんじ)跡」
ということです。

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0032_5

 

Dsc_0033_4 なになに。看板にはこう書いたある。
「栄根寺廃寺(えいこんじはいじ)
  栄根寺廃寺は、奈良時代川西南部に居住
 した氏族が創建した氏寺と考えられます。
 創建伽藍は現在不明ですが、古代瓦が出土し、
 隣接する栄根(さかね)遺跡からは建立に
 用いたと考えられる墨壺が出土しています。
  平成11年・12年の発掘調査では、平安
 時代後期(11世紀)に建立された仏堂跡が
 この場所で検出されました。桁行5間
 (14.5メートル)、梁間5間(13.5メートル)
 の規模で、中央に土盛りの須弥壇
 (しゅみだん)があり、南部には礼拝用の
 礼堂が付く構造などから、平安時代に再興
 された本堂と考えらえます。また本尊は、
 懸仏(かけほとけ)の出土などから、現存の
 薬師如来座像(県指定文化財)であることも
 わかりました。調査後の整備では、この
 本堂跡の平面を復元しています。
  なお、この場所には平成7年まで
 江戸時代再興の薬師堂が存在しましたが、
 阪神・淡路大震災で全壊しました。
  平成13年 3月30日 川西市教育委員会」

 

 (ふりがなは実際には漢字の上に記載。
 上記ではすべてのふりがなを記載
 しませんでした。
 改行も実際とは異なります)

 

銭屋五兵衛(ぜにやごへえ)の碑てのも
その横にあります。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0031_6 「日本貿易開祖」やて。
説明の看板もあります。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0034_3 こう書いてます。
「銭屋五兵衛は、安永2年(1773)に
 加賀国宮越(みやのこし)(石川県金沢市)
 の商家に生まれました。家業の質業を
 継いだ五兵衛は、質流れの古船で海運業に
 乗り出し、成功を治め富を築き藩の御用を
 受けるまでとなりました。しかし晩年、
 加賀の河北潟(かほくがた)の干拓に
 乗り出したところ、死魚が出たりそれを
 食べた人が中毒死する事件が起き、疑いを
 かけられた五兵衛とその一族は検挙され、
 嘉永5年(1852)五兵衛はそのまま牢の
 中で非業の死をとけました。
 生前の五兵衛と交流のあった西光寺
 (さいこうじ)(栄根寺の本寺)は彼の遺徳
 を忍び、明治35年(1902)東塚一吉の
 援助を受け、この地に銭屋五兵衛の碑を
 建立しました。」

 

 (ふりがなは実際には漢字の上に記載。
 上記ではすべてのふりがなを記載
 しませんでした。
 改行も実際とは異なります)

 

「忍び」て字が違うようやし、東塚一吉て
誰やねんということですが
まあ、へ〜って感じですな。
--2018-9-2追記--
ここ によりますと、
「明治40年頃 東塚一吉、長尾山東部に
 炭酸泉を開削し、花屋敷温泉を開業。」
とのことで、新花屋敷温泉土地株式会杜が
トロリーバスとかつくるはるか以前に
温泉を開いた人やったんや
東塚一吉て。
--追記ここまで--
こんな曲がった石の碑もあります。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0037_3 判読しにくいが、「東塚一吉」らしき字も
見えます。
--2018-9-2追記--
これはどうも道しるべらしい。
ここ になんと書いているか、などの記載がありました。
--追記ここまで--

 

『阪急沿線の不思議と謎』実業之日本社
 天野太郎監修
の冒頭折り込みの
「1919年(大正8)年当時の梅田駅周辺」
に当時の阪急の路線図が見えますが
それには池田には「呉羽神社」中山には
「中山寺」てな感じでご当地の名物?が
書いていますが、
花屋敷には「銭屋五兵衛の墓」と
書いてまして、(「墓」か?)
これも当時の観光資源やったようです。

 

HIBARIGAOKA Hill 100 years roman

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「銀杏」7月の終わり頃ですが強風で実(にまだなってない)が落ちちゃってました。
Dsc_0045

関連記事

浄財勧募(寄付)の造りしもの

 


人気ブログランキング

 

 

 


写真
記事一覧

 

 

|

« 阿部元太郎の造りしもの(七):‖雲雀丘100年浪漫 旧花屋敷駅は | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(九):‖雲雀丘100年浪漫 米進駐軍による接収 正司邸と高添邸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿部元太郎の造りしもの(八):‖雲雀丘100年浪漫 銭屋五兵衛の墓:

« 阿部元太郎の造りしもの(七):‖雲雀丘100年浪漫 旧花屋敷駅は | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(九):‖雲雀丘100年浪漫 米進駐軍による接収 正司邸と高添邸 »