« 阿部元太郎の造りしもの(九):‖雲雀丘100年浪漫 米進駐軍による接収 正司邸と高添邸 | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(拾壱):‖ 雲雀丘100年浪漫 旧安田邸 »

2018年9月 4日 (火曜日)

阿部元太郎の造りしもの(拾):‖雲雀丘100年浪漫 たち並ぶ歴史的洋館、豪邸 肉眼で確認

こういう看板が
雲雀丘花屋敷の西改札口を出たところに
建てられています。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0005_10

この看板を見ますというと、こないだの記事
に記載しました、「市の都市景観形成建築物」らしいのは
3つ載ってて「高碕記念館」「旧安田邸」「S邸」ですね。
ほな、ほかは?

宝塚市のウェブサイト
「都市景観形成建築物等」
には20邸掲載されています。

「都市景観への市民、事業者の意欲の高まり
 と関心の醸成を図るため、宝塚市都市景観
 条例に基づき、
 1.周辺地域と共に良好な景観を形成し、
  地域の雰囲気を特徴付けている建築物
  など
 2.歴史的、文化的価値又は建築的価値を
  有している建築物など
 3.地域の多くの人々に親しまれ、愛されて
  いる建築物など
 を、都市景観形成建築物等として指定し、
 その保全を図ることとしています。」

ということで以下、写真付きで掲載されています。

(1)I邸 (2)Y邸 (3)宝塚ホテル (4)M邸
(5)旧和田家住宅 (6)木接太夫碑 (7)Y邸
(8)M邸 (9)K邸 (10)K邸 (11)I邸
(12)K邸 (13)K邸 (14)M邸 (15)M邸
(16)I邸 (17)Y邸 (18)T邸 (19)T邸
(20)高碕記念館

都市景観形成建築物等
「景観形成建築物等に指定されている建物は、
 指定の趣旨をご理解いただき、大切に保全
 されながら、現在もお住まいとして使用
 されています。
 したがいまして、防犯上、プライバシー等
 の観点から建物名はイニシャル表示と
 させていただいております。ご了承
 ください。」
ちうことです。よって
M邸 4邸
K邸 4邸
Y邸 3邸
I邸 3邸
T邸 2邸
宝塚ホテル 1邸
旧和田家住宅 1邸
木接太夫碑 1邸(←邸か?「碑」やで??)
高碕記念館 1邸
という分布になる。(だからなに。(笑))

そうか、名前を出すとまずいのか。
しかしさっきの看板には「旧安田邸」て
書いてしまっていたぞ。
で看板にはある「S邸」が
「都市景観形成建築物等」にはない。
どういうこと??

景観重要建造物というのがあって
そこには、
「この度、平成29年(2017年)12月1日に
 地域の景観の核となる建造物、
 「高碕記念館」と「正司邸」を景観法に
 基づく景観重要建造物として市内で初めて
 指定しました。」
とある。

よって次の解釈でよろしか?

 仮に看板のS邸は正司邸(我が実際に肉眼で
 確認した位置とだいたい一致しているし)
 であるとして、

 S邸は「景観重要建造物」であって
 「都市景観形成建築物等」ではない?
 (冒頭の看板の凡例が誤り)
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0005_11

 「高碕記念館」は「景観重要建造物」
 でもあるし「都市景観形成建築物等」
 でもある?

 宝塚市のウェブサイトの
 景観重要建造物
 の方では、「指定第2号 正司邸」および
 だいたいの住所まで記載があるし
 写真もあるし
 高碕記念館前の看板 
 でも「正司邸」と名前が出ているのに、
 なぜか冒頭の看板では「S邸」としている。
 看板が「S邸」に距離的に近いから?
 その割には冒頭の看板では「旧安田邸」
 と書いてしまっている。これが宝塚市の
 ウェブサイトでは「Y邸」となっている
 分か?
 景観重要建造物 
 には「「正司邸」は、大切に保全されながら、
 現在もお住まいとして使用されています」
 とあるので、そこを配慮して冒頭の看板は
 「S邸」表記なのか。
 すると「旧安田邸」はそうではないのか?
 「旧」て書いてるしな。

てことでよろしか?

こないだの記事
に記載しました、
「市の都市景観形成建築物20棟中、
 雲雀丘には14棟ある。」
からしますと、その14棟は
「高碕記念館」「Y邸」のうちの1邸
の計2邸は確定でよろしか?
「S邸」は入らない(「20棟」にも
入っていない)、と。
宝塚ホテル 旧和田家住宅 木接太夫碑
の3邸は、雲雀丘にないことは確実。
つまり雲雀丘にあるのは、
M邸 4邸
K邸 4邸
Y邸 2邸(1邸は旧安田邸やとして-1)
I邸 3邸
T邸 2邸
以上計15のうちの12邸やが、それがどこか
未判明や。
「プライバシー等の観点から」判明しても
発表するのはよろしくない。

--2018-9-30追記ここから--

しかし、雲雀丘にほんまに14邸もあるやろか
ちょっち思い起こす程度では、そんなに
あるように思えないのやが。
確認してゆきたい。

宝塚市のサイト、
「都市景観形成建築物等」
の「指定建築物」に載っている写真
段(行)と列を合わせて書くと下記のように
なります。
(番号)はこちらで勝手に付けています。

指定建築物
(1)I邸 (2)Y邸
(3)宝塚ホテル
(4)M邸 (5)旧和田家住宅 (6)木接太夫碑
(7)Y邸 (8)M邸 (9)K邸
(10)K邸 (11)I邸
(12)K邸
(13)K邸 (14)M邸 (15)M邸
(16)I邸 (17)Y邸 (18)T邸
(19)T邸 (20)高碕記念館

まず、上記の
「指定建築物」の上から4段目、真ん中の
(8)「M邸」。植栽で見えにくいやつ。
これって、これではないか。
Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
Dsc_0015_1
表札はMさんとなっており、納得。
(8)「M邸」は確認できたとしよう。


上から6段目(下から4段目)の(12)「K邸」。
赤いとんがり屋根のやつ。
これって、これではないのか。
Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
Dsc_0007_7_2
たぶん合っているやろう。
植栽からして、宝塚市のサイトの写真は
かなり古いようだ。
表札をみますと確かにKさんと読める。
少なくとも二通りの読み方が考えられるが
どっちにしてもKさんや。
てことで、
この(12)「K邸」は確認できたことにしよう。


「指定建築物」の上から8段目(下から2段目)の
(18)「T邸」。白くてとんがり屋根のやつ。
これって、これではないか。
Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
Dsc_0010_3_3
表札もTさんで、納得。
この(18)「T邸」も確認できたとしよう。


てことで、確認できたのは
(*印が今回確認分)

(1)I邸 (2)Y邸
(3)宝塚ホテル
(4)M邸 (5)旧和田家住宅 (6)木接太夫碑
(7)Y邸(既知) (8)M邸* (9)K邸
(10)K邸 (11)I邸
(12)K邸*
(13)K邸 (14)M邸 (15)M邸
(16)I邸 (17)Y邸 (18)T邸*
(19)T邸 (20)高碕記念館(既知)

「雲雀丘には14棟ある」のうちの
これで5棟は確認したつもりやが
残り9棟あることになるが、
ほんまに、そんなにあるやろか。
あと1,2くらいなら、あの辺ちゃうかと
思いつかなくもないが。。。。。
調査継続。

--ここまで--

---2018-12-10追記---

宝塚市のウェブサイト
都市景観形成建築物等
のページに載っている「高碕記念館」の左の
「T邸」を発見、
これであろう
Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
Dsc_0028_11_2

こちらの記事
で「国登録有形文化財」に登録されたと
されているやつや。
これで、都市景観形成建築物等のページに
載っているやつのうち、
確認できたのは下記の太字のものとなる。

(*印が今回確認分)
(1)I邸 (2)Y邸
(3)宝塚ホテル
(4)M邸 (5)旧和田家住宅 (6)木接太夫碑
(7)Y邸 (8)M邸 (9)K邸
(10)K邸 (11)I邸
(12)K邸
(13)K邸 (14)M邸 (15)M邸
(16)I邸 (17)Y邸 (18)T邸
(19)T邸* (20)高碕記念館

上記20棟中、14棟が雲雀丘にあるというが
確認できたのがこれで6棟、あと8棟が
確認できておらず。

---追記ここまで---


(2018-10-3,6,15少し修正しました。)

HIBARIGAOKA Hill 100 years roman

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「宮川石器館」個人でやられているようです。訪問時は要予約という情報もあり。
Dsc_0095_1


人気ブログランキング


|

« 阿部元太郎の造りしもの(九):‖雲雀丘100年浪漫 米進駐軍による接収 正司邸と高添邸 | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(拾壱):‖ 雲雀丘100年浪漫 旧安田邸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿部元太郎の造りしもの(拾):‖雲雀丘100年浪漫 たち並ぶ歴史的洋館、豪邸 肉眼で確認:

« 阿部元太郎の造りしもの(九):‖雲雀丘100年浪漫 米進駐軍による接収 正司邸と高添邸 | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(拾壱):‖ 雲雀丘100年浪漫 旧安田邸 »