« 阿部元太郎の造りしもの(八):‖雲雀丘100年浪漫 銭屋五兵衛の墓 | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(拾):‖雲雀丘100年浪漫 たち並ぶ歴史的洋館、豪邸 肉眼で確認 »

2018年9月 2日 (日曜日)

阿部元太郎の造りしもの(九):‖雲雀丘100年浪漫 米進駐軍による接収 正司邸と高添邸

この看板の件のつづき。
もうこの看板の話も大詰め、
看板のいちばん左の記事はこうです;

 「太平洋戦争終戦後
  米進駐軍による接収
  1947年(昭和22年)
  終戦後の昭和22年〜28年、雲雀丘の住宅
  は数多くアメリカの進駐軍に接収された。
  特にここは、米軍将校の住宅として
  使える洋風住宅が集積し、当時は周辺が
  未開発の地域であったこと、自動車が
  通行しやすく、鉄道も専用駅であった
  こと、他の接収施設である伊丹空港、
  宝塚温泉、宝塚大劇場との利便性など
  をみても、米軍将校駐留地としては、
  ほかにはない条件が整っていた。

  正司邸と高添邸が国登録有形文化財へ
  2006年(平成18年)指定
  2016年(平成28年)指定
  「歴史的景観に寄与している」を
  理由に、正司邸と高添邸を国登録有形
  文化財に登録。
  また、市の都市景観形成建築物20棟中、
  雲雀丘には14棟ある。」

「自動車が通行しやすく」と言うても、
今となっては結構狭い道になっていますし
まあ、凍結したりしたら大変厳しい急坂
急カーブの道が多いです。

「鉄道も専用駅であった」というのは、
まあ雲雀丘駅が私設やったことを指して
いるのかな。別に住民以外でも利用できた
のでは?とは思うが。

宝塚温泉、宝塚大劇場が米軍に接収されて
いたとは。

正司邸と高添邸のどっちがどっちの年かが
はっきりしないが赤い屋根の方が正司邸で
あることは肉眼で確認しているので
--2018-9-4追記--
この看板
で一方だけが赤い屋根であることが
確認できる。
--追記ここまで--
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0048_2

Dsc_0046_3

Dsc_0046_4

正司邸が2006年(平成18年)指定
高添邸が2016年(平成28年)指定
ということやな。
これらも接収されたことがあるのかしら。

「市の都市景観形成建築物20棟中、
 雲雀丘には14棟ある」やとぉう!?
また調査対象事項が出てきましたね。

HIBARIGAOKA Hill 100 years roman

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「何の痕跡」トイレか台所か、なんか水回りのありそうな構造に、お店やさんのようなひさしの跡のような。これは雲雀丘ではありません。
Dsc_0027_5


人気ブログランキング




|

« 阿部元太郎の造りしもの(八):‖雲雀丘100年浪漫 銭屋五兵衛の墓 | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(拾):‖雲雀丘100年浪漫 たち並ぶ歴史的洋館、豪邸 肉眼で確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿部元太郎の造りしもの(九):‖雲雀丘100年浪漫 米進駐軍による接収 正司邸と高添邸:

« 阿部元太郎の造りしもの(八):‖雲雀丘100年浪漫 銭屋五兵衛の墓 | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(拾):‖雲雀丘100年浪漫 たち並ぶ歴史的洋館、豪邸 肉眼で確認 »