« 阿部元太郎の造りしもの(拾壱):‖ 雲雀丘100年浪漫 旧安田邸 | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(拾弐):‖ 雲雀丘100年浪漫 周辺の様子(寺畑前川、ヤンマー花屋敷寮、サントリーご一族?、雲雀丘学園の門、鰻屋のポスター) »

2018年9月 9日 (日曜日)

六甲山観光株式会社の造りしもの:‖ アスレチック 売店のメニュー 「トキガミ」

六甲山の夏の景色の写真なんですが
ずいぶん季節外れになってきましたが
まとめて載っけておきましょうか。
要りませんか。でも載っけますよ。

アスレチックがありました。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
(以下も機材同じ)
Dsc_0011_7
こんな、みんなで擦ったらよ、
Dsc_0012_6
ほら、こんなつるつるになる。


Dsc_0014_2
「じゅじょう」やなくて「きじょう」
なんでそんな湯桶に読ます?
Dsc_0049_2
「フレンチドッグ」やのおて
「フランスドッグ」600円。
他には
やまみつカレー700円
親子丼700円
ぼっかけ焼きそば550円
ディッピンドッツアイスクリーム350円
(↑何かわからん)
アサヒスーパードライ生500円
ホットコーヒー250円
(「本日売り切れ」で見えん250円)
ホットココア300円
アイスコーヒー300円
アイスティー300円
アイスココア350円
やまみつドーナツ10個680円
ディッピンドッツ ドッツンクラッシュ
 500円
(「お好きな氷とディッピンドッツをお選び
 ください。」とある。)


展望台から大阪を望む。
USJとか海遊館とか見え
Dsc_0052_2
Dsc_0052_3
Dsc_0052_4
てんのかどうかわからん。
双眼鏡持っていくの忘れた。
ニコンのを持っているのに。
D5300買うたときにもろたやつあるのに。
現場にある固定の有料のやつは
もったいないから見ない。


夜は有馬温泉。
宿の部屋にこんな電話。
Dsc_0056
サザエさんで見たことはあるが
本物は初めてみたとかいう中学生。
電話のかけかたを教える。


Dsc_0058
宴会場近くにこんな魅惑の看板が。
この宿ちょっと良い宿やったので
廊下にこんな感じの生け花があったり。
Dsc_0065
宿のご飯て、たいてい食い切れんくて
もったいない思いをするのやが
さすが中高生
Dsc_0067_3
よくやったな、シンジ。


翌朝はまた六甲山へ。
有馬温泉からロープウェーに乗る。
乗り場、朝9時半とはいえ、この涼しさ。
Dsc_0069
結構ぎゅうぎゅうで、景色楽しめず。
Dsc_0071


山の上では「真夏の雪まつり」
Dsc_0072_1
ここは冬場はゲレンデや。
むかーし、子供と二人で一回来たことがある。
冬に。スキーに。
当時はスノボはあかんかったように思うが
どうやったかな、時間帯によっては
オーケーやったかな。

で、ここで始めてしまったのが
謎解きゲーム「トキガミ」
Dsc_0085
上級編を選択してしまい、
(中級、初級もあった)
結果、ゴールできず。難しすぎた。

(2018-9-17,19少し修正しました。)

Summer view of Mt. Rokko

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「夏雲」これも掲載しそびれたもの。
これは六甲山で撮ったのではない。
Dsc_0086


人気ブログランキング



|

« 阿部元太郎の造りしもの(拾壱):‖ 雲雀丘100年浪漫 旧安田邸 | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(拾弐):‖ 雲雀丘100年浪漫 周辺の様子(寺畑前川、ヤンマー花屋敷寮、サントリーご一族?、雲雀丘学園の門、鰻屋のポスター) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山観光株式会社の造りしもの:‖ アスレチック 売店のメニュー 「トキガミ」:

« 阿部元太郎の造りしもの(拾壱):‖ 雲雀丘100年浪漫 旧安田邸 | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(拾弐):‖ 雲雀丘100年浪漫 周辺の様子(寺畑前川、ヤンマー花屋敷寮、サントリーご一族?、雲雀丘学園の門、鰻屋のポスター) »