« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月27日 (土曜日)

用紙の選択を:‖ キヤノンかピクトリコか富士フイルムか

バシカメ
(ヨドバシカメラ マルチメディア梅田)で
写真用紙を見て回る。

えらい光沢紙推し。
マットとか絹目とか、
そういうやつは、探さないと見つからない。
なんでや。
光沢のテカテカ光るのがあまり好きやない
のやがな、そういう人は少数派なのか。

フォトコンテストではどちらが有利とか
そういうのも聞かないしな。
我の数少ない経験でも
用紙についてどうこう言われたことがない。

以前はキヤノンのマット紙を愛用していた
時期もあった。これは安いし。
ヨドバシドットコムでみますと、
キヤノン CANON
MP-101 A4 [マットフォトペーパー
A4 50枚]
¥1,080(税込)
坪量:177g/m2
紙厚:216μm
なめらかな印象で悪くなかった。

で最近使うてるのが
ピクトリコ PICTORICO
YPSG-A4/30 [オリジナルフォトペーパー
写真用紙 半光沢 A4 30枚
ヨドバシカメラオリジナル]
¥1,830(税込)
厚さ:295μm
現品の袋には「0.3mm」と書いたある。
坪量てのは不明。
キヤノンのよりちょっち高いが。
紙がやや厚いが、我のプリンタ、
キヤノンMP-950でもなんとか印刷できる。
あまり厚いと、印刷汚れが出ちゃうのよね
いくら調整しても。

「月光」を使ったときはひどかった。
ピクトリコ PICTORICO
GKS-A4/15 [GEKKOシルバー・ラベル
A4 15枚入]
¥2,090(税込)
「販売終了商品」となっている。
こいつはバライタ風ってやつなのやが
厚さ390μm。
キヤノンMP-950で印刷すると
どうしても用紙の端っこに
汚れが出るので、フォトコン応募時、
汚れ部に修正テープ貼って応募していた。
そういうのは「減点」対象なのかね。
しかし、銀塩時代には、
スポッティングとかいうて
ホワイトで塗りつぶす
なんて行為はよくあった。

で、今回、
売り場を見て回って買うてみましたのが
富士フイルム FUJIFILM
WPA420HIC [写真仕上げHi
絹目調 厚手 20枚 A4サイズ]
¥937(税込)
厚さ:0.26mm
これは薄い、
フォトコンに応募するとき、
クロネコメール便のなき今、
郵便局で、「定形外」
(A4がなんで定形外なんや!)
で送ることになるのやが
50g以内 120円
100g以内 140円
150g以内 205円
という料金体系。

我の場合、プリントを透明の袋に入れて、
クリアファイルに入れてから
封筒に入れているのやが
プリントを2枚入れると、100gをわずかに
超える場合があって。
とくに「月光」なんかやと。
そういう意味で厚さ0.26mmは
よいかもしれない。

「富士フイルム
FUJIFILM WPA420HIC
の 商品概要
 写真メーカーからお贈りする、
 絹目調で光沢感を抑えた
 格調高い写真画質用紙
 滑らかな粒状性の実現により、
 大切な写真画像をリアルに再現します。
 ポートレートの出力に最適です。」
やそうで。
ポートレートはあんまり撮らへんけど、
さて、どんな仕上がりになりますか。


ボジョレーヌーボーの初荷が到着したとか。
解禁日まではまだ半月以上ある。
でも税関の人が、これは怪しいとかいうて
少し開けて「検査」しちゃうんやないか。
おなじみ落語、禁酒関所でした。

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「赤いキャップ」橋のフェンスを固定するボルトになぜか赤いプラのキャップ。付いてたりついてなかったり。なぜ。
Dsc_0026_8_2


人気ブログランキング



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水曜日)

分からない、話:‖ 『理系の大疑問100』の感想

話題の達人倶楽部[編] 青春文庫

わかりやすくするために?厳密性に欠く感じ
の記述で、かえって疑問が増えた。


「2 氷は水が固まったものなのに、
 なぜ水に浮くのか?」

「ケイ素やゲルマニウム、水などの物質は、
 凝固しても体積は減らず、
 反対に膨張する。」

水以外にケイ素もゲルマニウムもそうなんや。
知らんかった。なんでや。
という説明は詳しくはない。
「分子同士が結合しにくい構造をしているため」
とだけある。よお分からん。


「38 砂糖をたっぷり入れたジャムは、
 どうして腐らない?」

「含まれていた自由水が結合水になって
 しまうことでジャムの水分活性は低くなり、
 微生物が繁殖できなくなる。」
「塩漬けにすることで・・・理由は同じだ。」

結合水て水和水のことやろか。塩(塩漬け
やから食塩)に水和水なんか付くかしら?
よお分からん。


「54 DNAと遺伝子は何がどう違うの?」

「DNAは、英語で書くと、「Deoxyribo
nucleic acid(デオキシリボ ヌクレ
 オチド)」

アルファベットとカタカナが
合わないやないか。
デオキシリボヌクレオチドは、
(Deoxyribonucleotide)と書くんでは
ないのか。
デオキシリボヌクレオチドが重合したのが
デオキシリボ核酸、deoxyribonucleic
acid略してDNAではないのか。


「69 天気予報の「晴れ」と「曇り」の
 境目は?」

「雲の量が0〜1割程度なら「快晴」だ。
 2〜8割だと「晴れ」になり、9〜10割が
 「曇り」になる。」

0〜1割「程度」て、なんか曖昧やな。
気象庁のサイトによると
「雲量は全天を10として雲の占める面積の
 割合」
「雨や雪、雷(かみなり)や霧(きり)、
 砂あらしや地吹雪(じふぶき)などがない
 ときの空を「10」とし、雲量が0から1の
 ときは「快晴」、2から8のときは「晴れ」、
 9から10のときは「くもり」としています。
 ちなみに、雲の量は0から10までの整数で
 表します。」
やそうで。この本の記述でまあ合っているか。


「75 エルニーニョが起きると冷夏に、
 ラニーニャだと猛暑になる理由は?」

「・・・が「エルニーニョ(現象)」だ。
 スペイン語で「神の子」」

と、言葉の意味を説明してくれているのに、
「・・・は「ラニーニャ(現象)」だ。」
と、だけ記載があって、こっちは、由来の
説明がない。何でや。
気象庁のサイトによると
「ラニーニャ(La Niña)はスペイン語で
「女の子」を意味します。」
なんでこれくらい書いてくれんのか。


「99 遠くに見える水平線まで、どれくらい
 離れている?」

「普通の人が浜辺に立ってみている場合には、
 じつは、わずか4〜5キロ先が水平線に
 なる。」
「東京スカイツリーの展望台くらいの高さ
 から海を見たとすると9〜10キロ程度先」

どういう計算やろ。
地球の半径をR、人の背の高さをt、
その人(の目)から地球に接線を引いて、
目から地球との接点までの距離をlとすると
三平方の定理から
Img_20181024_214227963_4
こんな感じで4.8kmが出る。
こんくらいの図と計算、なんで載せて
くれんのか。


「23 「「どこから」を宇宙と呼ぶのか?」

この節の図で「熱圏」というのを見まして、
熱圏は「カーマンライン」という高度100キロ
の線より上、そこではマイナス100℃から
700〜2000℃になることになっている。
熱圏て何や?
何でそんな高温になるのか。
とくに説明はない。
そこへ例えば普通の温度計を持っていたら、
何百度とか示すのやろか。


なるほどと納得した話もある。


「73 日本を通過する台風、進路の右側が
 危険なのはなぜ?」

「・・・北上を始める。このとき台風の周囲
 では、「南から北へと台風を動かす強い風」
 そして、
「台風の目(中心)に向かって吹き込む左回り
 の風」が吹いている。この2つの風は、
 台風の進路の右側で重なる。」

テレビの天気予報では、台風の進む速さと、
風の速さが足し合わされるから、といった
わけのわけのわからん説明をしていたと思う。
そうやなくて、上記のように、
台風を動かしている風と、台風に吹き込む風が
足し合わされるから、という
説明がよいのではないか。


「92 時計はなぜ全世界で右回りと決まって
 いるのか?」

「日時計を元に時計の文字盤が開発された
 ため、時計は右回りになったのだ。」

反抗して、左回りの時計を作らないのか、
南半球の人。

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「ヒガンバナ」画面中央の赤い点がヒガンバナ。
前も書いたように、タネで増えないらしいのやが
しかし、こんなとこに誰か植えたわけでもない
やろし?
Dsc_0013_5_2


人気ブログランキング



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日曜日)

涙(Nov 2018):‖ CAPAで2次予選通過

月例フォトコンチェック。

2018年
アサヒカメラ        CAPA
(発表月ベース)・・・・・(掲載月ベース)
 1月号 なんもなし・・・・なんもなし
 2月号 なんもなし・・・・なんもなし 
 3月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 4月号 なんもなし・・・・3次予選通過
 5月号 なんもなし・・・・なんもなし
 6月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 7月号 なんもなし・・・・なんもなし
 8月号 1次予選通過・・・なんもなし
 9月号 なんもなし・・・・なんもなし
10月号 なんもなし・・・・2次予選通過
11月号 なんもなし・・・・2次予選通過 ←今回

まあ2次予選通過に過ぎないんですが、
アサヒカメラの月例の常連さんも、
今月のCAPAの2次予選通過者に
お名前があるのを肉眼で確認、
おお、
我も同レベルやと思うと悪い気はしません。

I checked the monthly photo contest.

2018
ASAHI CAMERA ... CAPA
(announced monthly basis) (posted month basis)

January issue_________None......None
February issue________None......None
March issue ________None......First Qualifying Pass(FQP)
April issue ________None......Third QP
May issue ________None......None
June issue _______None......FQP
July issue _______None......None
Aug issue_____________FQP ......None
Sep issue_____________None......None
Oct issue_____________None......Second QP
Nov issue_____________None......Second QP ← This time

(2018-10-27少し修正しました。)

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
「移動には電車やバスを。」駅と駅をつなぐ通路上にこの掲示。電車乗るっちうねん。まあしかし、電車乗る人にも言いたいことではあるな。
Dsc_0012_7
Dsc_0012_9_2


人気ブログランキング



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土曜日)

Nikonの造りしもの:‖ AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VRインプレッション

ずいぶんと使っていますこのレンズ
なんか、もやっと写ってはっきりしない
感じがします。

本ブログに前に登場頂いた
駅前の看板の写真です。
ピクセル等倍で切り取ってみたのですが
(クリックすると実サイズに大きくなるかも)
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0002_13_3
ISO400 F7.1 1/200秒

感度が高くて荒れてんのかな。
ISO100にしてみる↓
Dsc_0003_8_3
ISO100 F3.5 1/250秒

ブレてるんかな。何のためのVRや。
仕方ない、ISOを上げて
高速シャッターにしてみる↓
Dsc_0004_7_3
ISO640 F3.5 1/1600秒

ちょっと近づいてみる↓
Dsc_0005_12_2
ISO640 F3.5 1/1600秒

何が気に入らんのや、このレンズ、
カメラの問題か。相性の問題か。
ピントがずれてるんか?
Dsc_0023_7
ISO640 F4.5 1/13秒
(寄ると、絞りがF3.5まで開かない。
 というか、開いているのだろうが、
 F3.5の明るさにならないので、
 こういう補正された表示になる。
マクロレンズてのは一般に
 そういうもんらしい?)

ピントはだいたい狙ったとこに合っておる
ように思う。
なのに、このもやっと感。にじみ感。
何があかんのか??
何が気に入らんのや。

---2018-11-3追記---

また他の、天気のいい日に撮り直してみた。
Dsc_0037_3
ISO 400 F9 1/125秒

Dsc_0036_5_2
ISO100 F3.5 1/200秒

やっぱりもやっとしている。
まったく別の看板を撮ってみますというと
Dsc_0038_3
ISO250 F11 1/500秒

Dsc_0039_4
ISO100 F3.5 1/2500

こらあ絞り開放やとあかんのやろか。
画素数が多くて、ローパスフィルターもないと
ピクセル等倍観賞やと、
こういうことになるんか???
ちょっとした収差?が見えてしまう??
まじか???

Dsc_0026_9_2
ISO100 F8 1/60秒
近距離の評価やが、
やっぱピントはずれてない。
てことはやっぱし、このレンズ
開放には耐えないというのか??
まあこんなもんなのか??

---追記ここまで---


Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「ラッピング電車」阪急、宝塚線。
Dsc_0011_7_2


人気ブログランキング



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日曜日)

麺家の造りしもの:‖ 新大阪駅の「麺家」インプレッション

新大阪駅のホームにある立ち食い
「麺家」の感想など。
ウェブサイトによると「めんや」と読む。
在来線(JR京都線)のホーム(京都方面行き)
にあります。13、14番線の間。
まあ普通の立ち食い屋さんです。
近くまで行ってもあまりダシの香りとか
してきませんな。風向きかな。

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
Dsc_0027_7_2

豚天とか鶏天とかを推しているが
我は月見そばを選択。350円。
ちょっち高いかなあ。
食券を買うタイプで、食券上では
うどんとそばの区別がないので、
口頭で店員に伝える。

味はまあ、お上品というか、
薄いといえば薄い、
もっとダシを効かせて欲しい。
天かす入れ放題。
ごまも入れ放題。
七味も入れ放題、この七味が全然効かない。
たまたま我の前にあったやつが
気の抜けたやつやったのかも。

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
Dsc_0028_9
生たまご60円とある。
かけうどんそばは270円やから足すと330円。
あれ、
この組み合わせにすると月見より安いぞ。
かけそばと、温泉たまご70円で340円、
これでもよかったな。

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「だし」は、大阪の食文化って書いたある。
Dsc_0030_5


人気ブログランキング



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土曜日)

世界の中心でナニを叫んだもんか

『世界を読みとく数学入門
 日常に隠された「数」をめぐる冒険』
 角川ソフィア文庫 小島寛之
によりますと、
 「シュレディンガーの墓には「ψ」という
  記号が堀り込まれているとのことである」
(「彫り込まれている」の誤記か。)

ネットでの画像検索によると
シュレディンガー方程式が
次のように、まんま書かれているらしい。
ihψ=Hψ
(hは本当はエイチバー、
 等号の左のψは時間微分の意味で上にドット
 がある)
と。

そういえばボルツマンの墓も
そんな感じらしいですよね。
画像検索しますというと
S=k log W
て書いてあるねえ。

プランクの墓には
プランク定数が書かれているらしい。
画像検索すると
h=6.62・10-34W・s2
(-34と-2は右肩に乗ったべき乗)
とある。

ノーベル賞(級)レベルやと
墓碑に名前(戒名)以外に
そんなん書けますなあ
我なんか死んでも
書くことない。
家訓とか座右の銘とかもないしな。
まあたいていそうか。
何か考えとこ。
What should I write down in later generations?

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「宝塚大学方面」
Dsc_0012_6


人気ブログランキング



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月曜日)

あんまし乗らない、能勢電の話:‖ 沿線情報誌「のせでん」2018年秋号vol.62インプレッション

能勢電鉄の沿線情報誌
「のせでん」2018年秋号vol.62
を見ましての感想など。

表紙、裏表紙

紅葉が美しい。能勢電に乗ってこんなとこに
行きたなりますなあ。

路線図であらためて駅ナンバーを見ますと
川西能勢口がNS01で、そこから通し番号で
妙見口がNS14ですが、枝分かれする
日生中央はNS21ですね。
妙見口方向あるいは日生中央方向で
延伸があっても番号を取りなおさんでも
大丈夫ですね。
能勢電という名前やのに、
能勢電では能勢町には行けへんのですなあ
いつの日か能勢町まで
延伸しませんでしょうか。

11月10日(土)は
「のせでんレールウェイフェスティバル
 2018秋」
とあります。
「詳しくは駅のポスターやホームページで
 順次発表します」
とあります。
去年の情報などを見ますと
阪急のレールウェイフェスティバルみたく
事前申し込みとかが要るふうではない
のですが。飛び込みでいけるのかしら。

中面はこちら

大和団地ってのは「だいわだんち」と読む、
このパンフにはそれは書いてないようやが。
まあ、「だいわだんち」が読めへんやつは
このパンフ読まへんやろ、っちうことね。

第19回大和夢ナリエ
てこんなん知りませんでしたね。
電飾やて。12月15日〜1月17日と
期間も長いので、ちょっち行って見ますかね。
でも夜やしな(当たり前)、寒いやろしな。
17時に点灯したのを見たら帰ればいいか。

沿線学校紹介は川西中学校。
写真が桜満開で、秋号にそぐわないですなあ。

My impression of Information magazine along Nose Electric Rwy; "NOSE DEN"

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「何かいる?」オオサンショウウオ的な何かがいるんかと思たらこれは石やな。
Dsc_0043_1

Dsc_0053_2_2


人気ブログランキング



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日曜日)

暑さ寒さも終わる世界:‖ ヒガンバナのつぼみ

ちょっち季節外れになってきましたので
あわててヒガンバナについて。

ヒガンバナって
タネで増えるタイプではないらしい。
つまり、どっかからタネが飛んできて
勝手に生えるということはないらしいので
生えているということは
敢えて植えていると考えてよいであろう。
なかなか家の庭の植栽には使わない、と
思てたら、植えてはるとこあがあった。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0040_4
ヒガンバナって、迷信で、火事と結びつくので
あんまし家には植えへんと思てたんやがな。
これは白いやつやからいいのかな。

ヒガンバナって突然生えてくる感じですよね。
この時期以外は、何も生えてなくて、
突然花開いている感じがある。
例えば、つぼみの状態でさえあんまし
見たことがない。

つぼみの状態を見つけました、
こういう感じです。
Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
Dsc_0007_5_2
別の日に行くと、ほら咲いてますね。
Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
Dsc_0001_12_2

Dsc_0018_6

もっと、今ちょうど生えてきたとこ、
って感じのがこちら
Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
Dsc_0025_6
手前に1本だけほら、
これ生えてきたとこですよね。
これも畑みたいとこなんで、明らかに
意図して植えてはるな。

I talk about red spider lilies.

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「低い雲」こんな低い雲。火事かと思た。
Dsc_0041_2

Dsc_0042_3_2


人気ブログランキング



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金曜日)

SONY Nikon RICOHの造りしもの:‖ 店頭の一眼レフちょっと触っただけの印象

過去記事の追記ばっかし最近はやってますが
新規記事も書いておこう。

あんっまりしないんですけど珍しく
バシカメ(ヨドバシカメラマルチメディア梅田)
で展示品のカメラを肉眼で確認。
その感想。

SONYのα7を見る。
ファインダーを覗くと画面がでっかく
見えます。
いつも見ているNikon D5300とは
えらい違いです。
アイポイントが短く
メガネやと全画面を見渡すのが
苦しい。調整可能かな。
αはEVF(液晶モニターを見ている感じ)
Nikon D5300はペンタミラー
(素通しのガラス窓から見ている感じ)
てこともあって、
αはなんかファインダー像に色が付いている、
青っぽく見える気がした。
気のせいかも。また調整可能かも。

やっぱたとえペンタミラーでも
(高級一眼レフやと「ペンタプリズム」で
 もっと見えが良い)
素通しの方が我は好き、
まあ馴れたらしまいかな。
EVFの表示ラグが問題になるような
使い方はしてないしね。
スポーツとか戦闘機とか撮らないしね。

ニコンのZ7を見る。
シャッター切ったあと、
ファインダーも背面モニターも
えらい長い時間真っ暗になる。
2台置いてあって、どっちもそうなる。
なんか設定のせいか?
こらヒドイな。ディスプレー機なのに
この設定ではあかんのでは。
ていうか、もしかして、設定変えても
こんなんなのか?こらあ使いにくい。
この値段でこの性能はあり得へんので、
(コンデジやあるまいし)
まあ設定のせいやろう。

D750,D5,D800とか、その辺に置いたある
一眼レフも見る。
やっぱファインダーがいいね。
素通しで見えるのがいい。
EVFと違ごて、写る結果が見えてないのが
難点やがな。
気分の問題ね。

シャッター音もD5300とは違うね、
重厚な感じ。
ペンタックスのK1だっけも見たが
シャッター音がニコンとは全然違う。
こういうのも悪くないね。

で、ニコンの一眼レフに戻ると
Dfの軽さに驚く。なんででしょうね、
これはいいね。
ただしONOFFスイッチの回しにくさよ
なんじゃこれは。なんじゃこれは。
設計者呼んできて小一時間説教やな。
馴れたらしまいかな、これも。
いやあ、これはあかんやろ。

ニコンのDX機
(一眼レフやがセンサーサイズの
小さいシリーズ)
も見てきたらよかった。

(2018-10-13少し修正しました。)

It is an impression that I touched the single lens reflex at the shop front.

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「隠し場所」この物入れの上の左のこのわずかなスペースに、物を置いておくと長男に見つからないと次男はいう。あいつアホやからここが見えないという。ほんまやろか。
Dsc_0002_9


人気ブログランキング



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »