« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月27日 (日曜日)

解らない、予想 :‖ リーマン予想 好きな数字 好きな色

リーマン予想てのは、
素数の分布と関係するらしい。
難し過ぎて意味わからんが。

 

数学者って、
えらい素数が好きなことないすか。
素数ってどっちかちうと、
ヘンな数な気がして、
あまり好きになれんのですがね。
10とか100とかいうぴったし数とか、
999のようなゾロ目が好きとかいうのは
理解できますがね。
奇数か偶数かちうたら、
まあ偶数の方が割り切れて好きですけどね。
ま、2は偶数やけど素数か。
ま、だいたい好きな数字てのはないですなあ
我は。

 

好きな色ってのも、あんまない気がしますなあ
我は。
まあ、なんか色を選べと言われたら、最近は
赤を選ぶことが多いか。真田の赤備えより。
色ではないけど、金属光沢は好きかも知れん。
金属光沢は、いわば金属の自由電子が
見えているのや、という話を聞いたときは、
なんか知らんがうれしかった。

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「住友金属 FS065」
Dsc_0002_18_2

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月26日 (土曜日)

奇跡の価値は(参):‖ 三たび!!!アサヒカメラコンテストに入選したら通知は往復はがきで来る

阪和道がなんと「雪」で通行止めとは。
あこ、和歌山やけど、東西に連なる
山脈やから、季節風当たって雪降るんやなあ。

度重なる落選を嘆いていたとこですが↓
涙(Feb 2019)

なんと、
アサヒカメラから入選の通知が届きました。
例の往復はがきですね。
アサカメの月例フォトコンテスト入選は
2年4ヶ月ぶり、3回目の入選になります。
こないだの入選のときの様子はこちら↓
奇跡の価値は:‖ アサヒカメラコンテストに入選したら通知は往復はがきで来る

奇跡の価値は(弐):‖ アサヒカメラコンテストに入選したら通知は往復はがきで来る

前回は3位と4位、
今回は5位(最下位)やけど、
まあ、そんなんかまへん、入選は入選や。
入選するかしないか、は、大違いや。
入選は向こう岸の存在だよ、
われわれにとってはね。
入選と予選通過の間には、
海よりも広くて深い川があるって事さ。

前回の入選通知往復はがきは、
20(火)に来て23(金)必着で送り返せ
(中2日)(カラープリントの部)
23(金)に来て28(水)必着で送り返せ
(中4日)(モノクロプリントの部)
でしたが、今回は
25(金)に来て30(水)必着で送り返せ
(中4日)(カラープリントの部)
ということで、結構バラつきますね、
往復はがきが来る日も、送り返す日も。
なんでやろ。

はがきの文面は全く前と同じ、
まあ、はがき代が、片道52円やったのが
62円になったくらいや、違いは。
応募作品に付けた応募票と同じことを
もっかい書かすのも同じ。
「入選作は本年度中は他に応募せず、
ネガ等はお手元に保存しておいて下さい。」
という、なぞの文面も同じ。
本年度過ぎたら、他に応募していいんか?
「ネガ」て今時の人に通じるか?

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「ちゅうい ここは阪急電鉄 雲雀丘道踏切道です」
Dsc_0001_20_2
(これは、その入選作ではありません)

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日曜日)

モニュメントのかたち :‖ 能勢電 "車輪のモニュメント"

昔、能勢電鉄に、
川西能勢口駅〜川西国鉄前駅
という路線があって、
もう廃止になっていますが、
それを記念するモニュメントが
跡地に設置されています。
Dsc_0015_4_2

 

本物から作られているらしいのですが、
目の錯覚?で、
軌道間隔がえらく広く見えてしまう。
標準軌幅のはずなのに、
それ以上の幅に見えてしまう、
なんでやろか。
我だけやろか、そう見えてしまうのは。
上に車体が乗ってない
車輪だけ見るからやろな、
部分だけみると大きく見えるんやろか。

 

Dsc_0001_17_2

 

このモニュメントには
こういう銘板があるのですが
ずいぶん読みにくいですね。
読めるところだけ、推定も入れて
書きますとこうです↓

 

--ここから--

 

"車輪のモニュメント"
Memorial 1981.12.19
ここに、川西能勢口駅ー川西国鉄前駅
(現JR川西池田駅)間を結ぶ能勢電鉄の
線路 約0.6km がありました。
 大正6年から昭和56年まで、多くの乗
客や貨物を輸送し、川西市の発展に深く
関わりましたが、駅周辺再開発事業に伴
い、この日のさよなら運転を最後に、輝
かしい    幕を閉じました。

 

--ここまで--

 

 

「のせでんおでん電車」てのが
運行されますが
電車の中で飲んだり食べたり
できるものですが
こういうのってトイレが心配で、
ちょっと怖い気がします。

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「アウフヘーベン」
Dsc_0001_19_2

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土曜日)

涙(Feb 2019) :‖ アサヒカメラコンテスト ひつこく85mm

月例フォトコンチェック。

 

2018年
アサヒカメラ        CAPA
(発表月ベース)・・・・・(掲載月ベース)
10月号 なんもなし・・・・2次予選通過
11月号 なんもなし・・・・2次予選通過
12月号 なんもなし・・・・なんもなし

 

2019年
アサヒカメラ        CAPA
(発表月ベース)・・・・・(掲載月ベース)
 1月号 なんもなし・・・・なんもなし
 2月号 なんもなし・・・・なんもなし ←今回

 

1月号は子供の写真、
2月号は川辺の風景、やが、あかんか。
ようある写真で退屈やったか。
スクエアにトリミングしてみたりしたが、
あかんもんは、あかんか。
月例ってやつは、やっぱ、ある程度
インパクトないと勝てないのかな。

 

最近ひつこく85mmマクロ
(ニコンでは「マイクロ」か)で、ばっかし
撮っているが、なかなか、
これといったのが撮れないのよね。

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「JR宝塚線」
Dsc_0089_1_2

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日曜日)

ベルフローラに至るたまに、そして

川西能勢口について知っておこう。
阪急と、能勢電鉄に、
川西能勢口という駅があり
これらは、同じ駅です。

川西能勢口のバス乗り場が
「川西バスターミナル」やったのが
「阪急川西能勢口」に変更になっていることに
最近気づきました。
猪名川営業所管内の運行について

2018年の10月1日から変わっていたのか、
知らんかった。
地元の人にとっては、
「川西バスターミナル」=「川西能勢口」(*)
が当たり前なので、バスの行き先表示に
「川西バスターミナル」と書いていても
脳内で「川西能勢口」と
自動変換してしまっていたので
いつの間にか変更されていても気づかない
くらいだったであろう。
しかし、よく考えると(*)は、
地元の人以外にとっては自明ではなかった、
ということか。でこのように変更されたのか。

しかし、同時に行われた
「パルティ川西前」→「阪急川西能勢口東口」
の変更は、地元の人にとっても自明とも
思えず、もっと宣伝せんとあかんのでは。
(宣伝してたんかも知れん。
 すみません見落としてました。)

川西能勢口を出てすぐのタクシー乗り場は
阪急タクシー以外のタクシーばかりが
待っている。
となりの雲雀丘花屋敷は
阪急タクシーばかりであるのと対照的に。
しかし、川西能勢口でも、
少し離れたところに、阪急タクシー専用の
乗り場があるを最近知った。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「阪急タクシー専用のりば」
Dsc_0026_10_2

ベルフローラEASTというエリアを出たとこ、
川西能勢口の東側の方になります。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「阪急タクシー専用のりば」
Dsc_0027_9_3

駅にも案内看板はあるが、
少し隠し気味なのは、何でですかね。
川西能勢口の東の方なのだが、
さっきの
「パルティ川西前」→「阪急川西能勢口東口」
バス停からも見えないくらいの位置に
隠れている。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「雲雀丘から空港、大阪方面を望む 元日」
Dsc_0042_4_3

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土曜日)

万博、襲来

大阪万博(55年ぶり、2回目)予定地、
夢洲(ゆめしま)(人工島)の
現況について知っておこう。

USJへの交通でおなじみ、
JRゆめ咲線(ゆめさきせん)の終点が
桜島(さくらじま)(桜島までは陸続き)、
その先にあるのが舞洲(まいしま)(人工島)。
その先にあるのが夢洲。

舞洲にはいろんな施設もあって、
まあがんばったら徒歩でも
行けますが、舞洲から夢洲に渡る橋は
車専用で、徒歩はだめです。

別ルートとして咲洲(さきしま)(人工島)
(インテックス大阪などいろんな施設がある。
 地下鉄でも行ける。)から
トンネルをくぐっても夢洲に行けますが
このトンネルがまた車専用で、
徒歩は無理です。

さあ、もう
どれが舞洲やか夢洲やか咲洲やか
分からなくなりましたね。
まあ各自グーグルマップ等でご確認ください。

「ゆめ咲」線に乗っても、
「桜」島にしか行けなくて、
その先は「舞」洲であって
「夢」洲でも「咲」洲でもない、
というも混乱の元かも。

で現況はこんな感じです。
Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「夢洲(壱)」
Dsc_0028_12_3

何もない。コンテナ輸送のトラックや
施設のみ見え、あとは荒野に見える。
唯一、一般人が利用できる施設としては
セブンイレブンが存在する
(写真には写ってません)。

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「橋」
Dsc_0026_11_2
舞洲と夢洲を結ぶ橋です。
歩道らしきものもあるのですが、
バリケードを作って立ち入り禁止に
されています。

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「夢洲(弐)」
Dsc_0035_4_3

広大な荒地。
電線すら通っていないこのエリア。
位置関係からして
六甲おろしにさっそうと
たこあげするにはベストと思われるが、
勝手に、たこあげしたら、
どっかから怒られるんかも知れん。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「ぞうに」
うちのぞうには、白味噌、ヤキモチ、
やったのやが2日目には
すましになっていました。
Dsc_0001_18_2

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金曜日)

服部緑地に至るたまに、そして

服部緑地の近況について知っておこう。

さあ、何年ぶりであろうか、
服部緑地に行って見ますというと、
タコの滑り台が綺麗になっている気がする。
前は、こんな色ではなかったような。
こんな顔してたか。
塗り直したのかな。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「タコ滑り台」
Dsc_0003_14_2

まあしかし、遊具付近を見ていますと、
子供の数より大人の方が多いんちゃうか
という感じがする。
少子化はなはだしい。
まあ、実家に帰ってきた孫一人に
パパ、ママ、じじ、ばば、
まだ子供のない妹夫婦、とくりゃ、
大人6人に子供1人、てな事になりうる。

先日、駅近の小公園で、子供同士が
こぜりあいしているのを見たが
そなん見たん、何十年ぶり、という気がした。
公園に来ているのが、子供より大人が多い今、
そういう状況が発生しにくくなっている
のであろう。

こんな時期にも咲く花もある。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「花」
Dsc_0004_14_3

手ぶらでBBQってのを始めたのか。
前からやってた?
前は持ち込み専用やったような気がする。
こういうのは便利や、後片付けせんでいいし。
まあ、予約がなかなか取れへんのやろな。
今の時期はやってません。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「手ぶらでBBQ OK!」
Dsc_0005_17_3

台風21号で、
どうもかなり樹木が折れたりしたらしいが、
まだその片付けは終わっていないようだった。
通路にはみ出した大きな倒木だけは
何とか切ったり横によけたりはしたようやが
倒れたままになっている木も見えた。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「一部エリアのみ利用可能」
Dsc_0006_10_4

えらい爆音が聞こえるとおもたら、駐車場で
ラジコン車を操作している人がいた。
こんな小さいの、エンジンで動くのは
すごいね。
今の時期、駐車場は無料開放であった。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「爆音」
Dsc_0008_6_2

広場でサッカーの練習がなされていた。
正月から大変やな。
たこあげしている人もいて、
交錯しないか心配やな。
たこあげには、もっといい場所を
先日見つけたのやが、その話はまた今度
この場所は夏場、臨時の駐車場になる。
ウォーターランド客向けの。
ウォーターランドのあたりやと、
阪急やと、曽根駅よりも
服部天神駅の方が近いということを
何度も何度も歩きで通ったのちに
知った。
(当時はまだ「服部天神」やなくて
「服部」やったかも知れん)
灼熱の中、子供つれて
曽根からウォーターランドまで、
歩いて何回も往復していた。
バス路線があまりいいのがなかったのよね。
もっと早く気づいていればな。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「スポーツ広場A」
Dsc_0016_7_2

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「ぞうに」
うちのぞうには、白味噌、ヤキモチ。
Dsc_0019_10

(2019-1-5少し修正しました。)

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木曜日)

決戦、第3新東京市:‖ 箱根駅伝の距離感について知っておこう

往路107.5 km、
復路109.6 km、
計 217.1 km。

片道平均約109キロ。
これをJR大阪駅から
JR京都線、あるいは
JR神戸線方面に進みますというと
大阪→米原 110.5km
大阪→相生 108.6km
って感じですな。

区間平均は約22キロやから
大阪→高槻 21.2km
大阪→摂津本山 22.1km
ってとこですな。
大阪から高槻まで、1時間で走れたら
ちょっと渋滞したら
車より速いな。
新快速なら20分。
(途中で新大阪に停車する。)

Nikon D5300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
「封」
宅配食材の封印シールなんですが、それが溝ふたに落ちてるだけと思うんですが、以前、別の場所でもこういう感じになっているのを見たことあり。溝ふたを、テロ対策かなんかで封印しているみたいな。誰かわざとやってんのかしら。
Dsc_0001_16_2

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水曜日)

阿部元太郎の造りしもの(拾参):‖ 雲雀丘100年浪漫 雲雀丘散歩

民家に踏切の看板。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「ちゅうい」
Dsc_0014_6_2

ほんまの阪急の踏切にはこんな看板。
阪急の踏切には今も昔も
電車しか来えへんのやが、
なぜか蒸気機関車の絵。
Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「雲雀丘道踏切」
Dsc_0030_7_2

阪急電車、
こんなヘッドマークを付けていました。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「初詣」
Dsc_0007_8_3

大晦日。
いつもより綺麗になっています。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「小戸神社寺畑遥拝所」
Dsc_0003_13_3

急坂に立地する関係で、
敷地と道路が複雑な曲面で繋がるお宅もあり。
この溝ふたは力作や。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「溝ふた」
Dsc_0004_13_2

元日の夕方、
雲雀丘の住宅街から大阪空港方面を見下ろす。
奥のビル群は大阪市内。
画面右端に見えているのは
恐らくあべのハルカス。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「眺望良好」
Dsc_0005_16_2

5000系、6000系といった古い車両は
最近は減ってきた気もしますな。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「雲雀丘花屋敷駅」
Dsc_0004_12_3

Dsc_0051_4_2

年末年始は終夜運転もあり。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「年末年始の運転ダイヤについて」
Dsc_0056_3


最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火曜日)

阿部元太郎の造りしもの(九):‖雲雀丘100年浪漫 米進駐軍による接収 正司邸と高添邸(参)

タイトルが「(九)」の「(参)」となり
ますます記事が入り乱れて
ややこしいこと
この上なくなってまいりましたが

阿部元太郎の造りしもの(九):‖雲雀丘100年浪漫 米進駐軍による接収 正司邸と高添邸(弐)
の件の続きです。


「吉矢元彦」さん、「別所」さん、で
検索しますと出ますのが
こちら
や、
こちら
に、

大阪学芸大 衛生  吉矢 元彦
宝塚 精常学園   別所 彰

という記述が見えます。
昭和34(1959)年という記述も見えます。
ずいぶんと古い話や。

雲雀丘山手公園のすぐとなりは
クリニックではあるのですが、
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0046_5

クリニック名や、お医者さんのお名前が、
また違うお名前なので
関係は不明ですな。

大阪学芸大学ってのは
今の大阪教育大学のことらしい。

精常学園てのは。
これは、雲雀丘山手公園のすぐ近くにある
生成幼稚園の「設置者」が学校法人精常学園
らしいので、それのことか。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「生成幼稚園」
Dsc_0045_2_3

すぐ近くは古墳
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「切畑群集墳1号墳」
Dsc_0044_3_3

一般社団法人 兵庫県私立幼稚園協会の
サイト
によりますと
生成幼稚園の
創立者 別所 彰
創立年月日 昭和27年5月7日
とあります。たぶんこの別所さんやな。

この土地を所有者していた吉矢さんが
雲雀丘山手公園として開放したと。
ご友人の別所さんの賛同を頂き、
ちうのがようわからんが。賛同なんか要る?
公園にすると人が集まってやかましいとか
そういうことかな。するとこの公園の近くに
別所さんの家があるということかな。
近くを少し見てみたが
そういうお宅は発見できていない。

--2019-1-20追記--
雲雀丘山手公園のとなりの駐車場の
連絡先が「別所」さんであることを
肉眼で確認した。
-------------------------


Nikon D5300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED(←オートファオーカスが故障する寸前)
「能勢電鉄 鶯の森〜鼓滝 間」
Dsc_0030_6_3

このレンズの故障の話はこちら
10年間、故障、重ねて

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなかったら)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »