« 万博、襲来 | トップページ | 涙(Feb 2019) :‖ アサヒカメラコンテスト ひつこく85mm »

2019年1月13日 (日曜日)

ベルフローラに至るたまに、そして

川西能勢口について知っておこう。
阪急と、能勢電鉄に、
川西能勢口という駅があり
これらは、同じ駅です。

川西能勢口のバス乗り場が
「川西バスターミナル」やったのが
「阪急川西能勢口」に変更になっていることに
最近気づきました。
猪名川営業所管内の運行について

2018年の10月1日から変わっていたのか、
知らんかった。
地元の人にとっては、
「川西バスターミナル」=「川西能勢口」(*)
が当たり前なので、バスの行き先表示に
「川西バスターミナル」と書いていても
脳内で「川西能勢口」と
自動変換してしまっていたので
いつの間にか変更されていても気づかない
くらいだったであろう。
しかし、よく考えると(*)は、
地元の人以外にとっては自明ではなかった、
ということか。でこのように変更されたのか。

しかし、同時に行われた
「パルティ川西前」→「阪急川西能勢口東口」
の変更は、地元の人にとっても自明とも
思えず、もっと宣伝せんとあかんのでは。
(宣伝してたんかも知れん。
 すみません見落としてました。)

川西能勢口を出てすぐのタクシー乗り場は
阪急タクシー以外のタクシーばかりが
待っている。
となりの雲雀丘花屋敷は
阪急タクシーばかりであるのと対照的に。
しかし、川西能勢口でも、
少し離れたところに、阪急タクシー専用の
乗り場があるを最近知った。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「阪急タクシー専用のりば」
Dsc_0026_10_2

ベルフローラEASTというエリアを出たとこ、
川西能勢口の東側の方になります。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「阪急タクシー専用のりば」
Dsc_0027_9_3

駅にも案内看板はあるが、
少し隠し気味なのは、何でですかね。
川西能勢口の東の方なのだが、
さっきの
「パルティ川西前」→「阪急川西能勢口東口」
バス停からも見えないくらいの位置に
隠れている。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「雲雀丘から空港、大阪方面を望む 元日」
Dsc_0042_4_3

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

|

« 万博、襲来 | トップページ | 涙(Feb 2019) :‖ アサヒカメラコンテスト ひつこく85mm »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルフローラに至るたまに、そして:

« 万博、襲来 | トップページ | 涙(Feb 2019) :‖ アサヒカメラコンテスト ひつこく85mm »