« 死に至らない病、そして :‖ アサヒカメラ3月号購入(弐) | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(拾四):‖ 雲雀丘100年浪漫 雲雀丘散歩 »

2019年3月 3日 (日曜日)

死に至らない病、そして :‖ アサヒカメラ3月号購入(参)

せっかく久しぶりに買うたので
アサヒカメラ3月号の話の続き。

 

前回買うたのは、予選通過した2018年8月号。
今月号は特別定価980円(本体907円)。
ほな、いつもはいくらか。
2018年8月号が900円(833円)なので、
これがいつもの価格だろう。
なんで80円高いか。今月号には
「編集特別付録 
 ミラーレスカメラは写真を自由にしてくれる
 MIRRORLESS STYLE 2018-19 #13」
が付いてるからやろう。
Nikon D5300 Nikkor-S Auto 50mm F1.4
Dsc_0075_1_2

 

と、まあ、前々回記事でも、しれっと
このオールドレンズをD5300に付けて
使ってみたりしているのやが、
付くことは付くのやが、
露出計も切られてしもて、
フォーカスエイドくらいしか使えん。
ニコンDfを買えばいいのやろが高すぎる。
ニコンのミラーレスを買うて、
マウントアダプター FTZを使えば
非CPUレンズでも、
撮影モード:A/M、
測光モード:マルチパターン測光
      /中央部重点測光
      /スポット測光
が使える。
が、安い方のニコンZ6でも
ニコンDf買うのと同じくらいの値段する。
ううん〜、ミラーレスカメラでさえも
写真を自由にはしてくれんようだ、
経済的には。

 

で話をアサヒカメラ3月号に戻しますというと
 “銀塩プリント”という選択
ちう記事がありましてね。
富士フイルムの「プレミアムプリント」の話。
オンラインで発注して、約10日で自宅に
プリントが届くという。
お値段が書いてないな。
自分で調べろてか。
調べますとA4サイズで¥1,404〜税込
とな。ちょっち高い。
メール便なら送料無料といっても。
(宅配便なら600円)

 

こんな記事も:
 家庭でできるエプソンのプリンターを使った
 “コンテスト”に勝つための
 プリントの心得えとは
いわく
 コンテストに出すならプリントには
 こだわるべし
ということだ。
我なんか、作品によって用紙を変えたりは
してないなあ。買うたら使い切るまで
その用紙ばっかし使う。買うときは
多少の検討はするが。たとえば

 

用紙の選択を:‖ キヤノンかピクトリコか富士フイルムか

 

紙に至る病、そして

 

ピクトリコの造りしもの

 

用紙の選択を

 

用紙の選択を

 

で今は、
 富士フイルム 画彩(かっさい)
 写真仕上げHi ハイ 絹目調 厚手
 A4×20枚
937円を使ことります。
今回の入選はこれやったか、
ピクトリコやったか、
そこまで記録してなくて、よお分からん。

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「瓦屋根」こういう屋根、最近あまり見かけない。
Dsc_0006_12_3

 

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

|

« 死に至らない病、そして :‖ アサヒカメラ3月号購入(弐) | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(拾四):‖ 雲雀丘100年浪漫 雲雀丘散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死に至らない病、そして :‖ アサヒカメラ3月号購入(参):

« 死に至らない病、そして :‖ アサヒカメラ3月号購入(弐) | トップページ | 阿部元太郎の造りしもの(拾四):‖ 雲雀丘100年浪漫 雲雀丘散歩 »