« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日曜日)

光の選択を :‖ PICTURES 大村裕里子の露出レシピ第1回の感想

PICTURES の、下記の記事の感想です。

 

 

2019.03.28
大村祐里子の露出レシピ第1回
写真も料理も素材が重要〜露出がわかれば写真が変わる!〜

 

 

我は、セコニックの単体露出計
スタジオデラックスII L-398M
を持ってまして、過去に何回か
話の種にした事があります、
例えばこれ。

 

測定の価値は

 

 

で、この
 「大村祐里子の露出レシピ第1回」
に登場するのは、我のとはちょっと違って
セコニック ツインメイト L-208
っていうやつ。入射光と反射光の切り替えが
我のL-398Mよりも簡単なように見えます。

 

でこの、
 「大村祐里子の露出レシピ第1回」
では、
 「「入射光式」の方がわかりやすいので、
  「入射光式」での使用方法をご紹介
  したいと思います。」
と入射光式で話が進みます。

 

で測光のところなんですが
 「光球を花の向きに合わせて測ります。」
 「空の明るさだけをみたいので、光球を
  空に向けて計測します。」
とあります。

 

おかしいなあ?入射光式の場合は
光球をカメラの方に向けるのでは?
でもなんか、作例としましては、ちゃんと
意図通り撮れてます。

 

例えば次のような。

 

桜シャドウ部
F4 1/250 ISO200 EV12

F4 1/4000 ISO200 EV16

 

ベンチのハイライト部
F5.6 1/1000 ISO200 EV15
ベンチのシャドウ
F5.6 1/80 ISO200 EV11.5

 

4段差とかあっても、
どちらかに露出を合わせて撮っても、
案外ちゃんと成立しているように
見えるもんですねえ。
我なんか、その間取ったりするから
中途半端になってしまうのかも
知れん。

 

 

Nikon D5300 Nikkor-S Auto 50mm F1.4
「機材」(ホワイトバランス:電球)
大阪芸大って、こういうテレビ放送の機材みたいの(中継車みたいの)を持っているのね。
Dsc_0072-1

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土曜日)

みさきの価値は :‖ みさき公園、南海電鉄が事業撤退とか

南海電鉄が、来春、みさき公園から事業撤退
っちう話あり。
年間入園券の販売が中止されているのも
そのせいか


ダッジェムカーなどの話題で
何回か取り上げていました。
撮らない、てのは

どなたの造りしもの:‖ダッジェムカー

死に至らない病、そして


まあこういうとこは経営厳しいでしょうな
少子化で。
外国人が観光で来てくれたらよいのやが、
関空より南にありますからね、
観光客の流れとは
反対側って感じなのも痛い。
みなUSJに行くであろう。
関空から船の直行便でも出せたらな。


Nikon D5300 Nikkor-S Auto 50mm F1.4
「加茂6児童遊園地」
暗い。暗すぎる。中国道の高架下なのやが。
まあ今工事中みたいな感じやが。

Dsc_0064-2 

最近の記事の一覧は

(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓
写真

 

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日曜日)

涙:‖ アサヒカメラコンテストの「ワンポイントアドバイス」に掲載される場合は(弐)

私は以前に、ここにこのような話題を
書きました。
アサヒカメラコンテストにおいて
「次点」を含む「予選通過」と、
「ワンポイントアドバイス」掲載とでは
どちらが良いですか。

今回購入した4月号の
「ワンポイントアドバイス」欄には
以下の内容が記載されています。

「・・・入選にいたるにはもう一歩の完成度
 が足りず、・・・次点とするより、・・・
 ワンポイントに取り上げさせて頂いた。」

やはり、ワンポイントに取り上げられると
予選通過には入らないのです。

それはあなたがどちらが優れているか
言うことができないという意味ですか?

「ワンポイント」で紹介される作品は
以下の通りではないでしょうか。
それは入選作品に非常に近い作品ですが、
入選作品ではありません。
また、作品を選ぶ人が、その作品の悪い点を
説明したいかもしれません。

私は今回は翻訳しやすい文体で書きました。


Nikon D5300 Voigtlander ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical(Ai-S)
「台風の爪痕」
Dsc_0031-8_1

| | コメント (0)

涙(Apr 2019) :‖ アサヒカメラコンテスト、プリントは

月例フォトコンチェック。

2018年
アサヒカメラ        CAPA
(発表月ベース)・・・・・(掲載月ベース)
10月号 なんもなし・・・・2次予選通過
11月号 なんもなし・・・・2次予選通過
12月号 なんもなし・・・・なんもなし

2019年
アサヒカメラ        CAPA
(発表月ベース)・・・・・(掲載月ベース)
 1月号 なんもなし・・・・なんもなし
 2月号 なんもなし・・・・なんもなし
 3月号 5位   ・・・・なんもなし
 4月号 なんもなし・・・・なんもなし ←今回

またなんもなしに戻る。
まあ、でも入選作が掲載されているので
アサヒカメラ4月号は買うてきた。

5位の中でも、
前の方に掲載されている方が上なのやろか、
あるいは単に、編集の関係で
収まりのよい位置に
掲載されているだけやろか。

選者のコメント読みますと、今月は
「空」に着目されたようですな。
空を撮りゃいいのか、違うやろな。

プリントについてとくにコメントがない。
古いプリンタで、特段の設定、調整もなく
オート直結、こだわりもなく
印刷しただけなのやが、
こんなんでもいいのか。

ココログの投稿画面がなんか変わってしまって
今まで通りに投稿操作できない。
なんでこんな余計なことするんやろね。

Nikon D5300 Voigtlander ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical(Ai-S)
「台風の爪痕」
Dsc_0028-13



最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓
写真

 

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土曜日)

四車線の適格者 :‖ 東海北陸道で鷲ヶ岳スキー場へ

東海北陸道、高鷲インターまで4車線化
(片側2車線化)(対面通行の解消)
完成していたの?
白鳥インター過ぎたところでの
渋滞がないとは。
なんかスキーに来た気がしないな(笑)。
で、鷲ヶ岳スキー場。
以前は高鷲インターから「◯分」と
宣伝していたのに、今は「3km」と
距離で言うとる。
「◯分」がとても実現不可能な値だったので
どっかから指摘でもされたのかな。
リフトの広告、前ここは4人乗りにかけて
ローバーの広告やったが、
今はこうなってます。
LUMIX DMC-TZ20
P1000789
センターハウス内
LUMIX DMC-TZ20
P1000801

この飲み物でも売りそうなエリア、
少なくとも最近は開いてるのを
見たことがない。
ここでアルコール売ると、あまり並ばずに
じゃんじゃん買えるから飲みすぎのやつが
現れて、他の客に迷惑にでもなったか。
人工降雪機の向き設定が悪くないか。
LUMIX DMC-TZ20
P1000811_6
樹氷ができてしまっとるぞ。
今年も無事1回やがスキー、スノボが出来た。
健康、健康。

 

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土曜日)

グレイ、心のむこうに :‖ 「無彩の色」

NHKのラジオ第2の、
NHK高校講座 国語総合「無彩の色」
ていうのを少し聴きましてね。

 

写真家としては、そう、灰色にもっと
注意してもよいのではないか、と思たのです。

 

「灰色」と「鼠色」て言葉を、
我は同義に使こてます。
MacBook Airについてる「辞書」やと
「灰色」とは
「灰のような薄黒い色。ねずみ色。グレー。」
でも、オンラインで検索して、
色見本とか見ると「灰色」と「鼠色」は
違う色を指していることもよくあるようだ。

 

「薄墨色」てな言葉もありますね。
ご不幸を伝える手紙は薄墨で書くと
言いますね。
(おなじみ落語「手紙無筆(平の陰)」より)

 

「鈍色」てな言葉もあるらしい。
読み方は、
「にぶいろ」或いは
「どんじき」或いは
「にびいろ」とも読むらしい。
MacBook Airの「辞書」によると
「にびいろ」とは
「橡(つるばみ)で染めたねずみ色。」やて。
「橡色(つるばみいろ)」という言葉も
載っている。
「古代は黒に近い灰色(黒つるばみ),
 平安期は灰色を帯びた黄赤色
 (黄つるばみ)。」
やて。時期によって少し意味する色が
違うこともあるのやな。

 

このMacBook Airの筐体の色は何色や。
金属光沢を感じるので、「銀色」やな、
「灰色」の仲間に入れるのはちょっと違うか。

 

うちのキヤノンPIXUS MP950で
モノクロ印刷すると、なんか、
ピンクっぽい色に仕上がる。なんでやこれ。
そういえばなんか、マゼンタのインクが
いちばんよう減るような気もする。
なんでモノクロ印刷でマゼンタを使う?
しかし、印刷してしばらく置くと、
それほどピンクでもない気もしてくる。
乾燥すると色が変わるのかね。
過去にたった1回のアサヒカメラコンテスト
モノクロ部門、入選のときのコメントには、
とくに、
モノクロ部門やのに、プリントが赤いですねえ、
なんてコメントも無かったしな。
こっちの感覚(目)の方が
おかしいのか?

 

我は、モノクロでは冷黒色というか、
ちょっと青っぽいくらいが好きなのやがな、
赤っぽいというか茶色っぽいというか、
セピア寄りのプリントよりも。

 

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「夜の川西能勢口駅」
Dsc_0016_9_2

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日曜日)

阿部元太郎の造りしもの(拾四):‖ 雲雀丘100年浪漫 雲雀丘散歩

マクロレンズなのに
接写ってあんまししてない
たまにはするか
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0030_8_2

スイセンって、わりとみな同じ向きに
揃って咲いていませんかね
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0002_20_3

Nikon D5300 Voigtlander ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical(Ai-S)
Dsc_0057_2_3

なんでか?日当たり関係か?

こんな時期にも
オープンキャンパスってやるのね
東洋食品工業短期大学
Dsc_0012_12

雲雀丘学園の校門の看板、
変遷があったが
雁金のかたち

阿部元太郎の造りしもの(拾弐):‖ 雲雀丘100年浪漫 周辺の様子(寺畑前川、ヤンマー花屋敷寮、サントリーご一族?、雲雀丘学園の門、鰻屋のポスター)

ついに、日本一になりました。
Nikon D5300 Voigtlander ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical(Ai-S)
Dsc_0005_20_2

だからマクロで撮らないと、ってさ。
桜のつぼみは固いが
ふくらんでいるのもある。
(これは雲雀丘ではなくて猪名川原やが。)
(2月16日撮影)
(ソメイヨシノではなくて
たぶんもっと早咲きのやつ)
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0041_5_2

Dsc_0044_4_3


最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死に至らない病、そして :‖ アサヒカメラ3月号購入(参)

せっかく久しぶりに買うたので
アサヒカメラ3月号の話の続き。

 

前回買うたのは、予選通過した2018年8月号。
今月号は特別定価980円(本体907円)。
ほな、いつもはいくらか。
2018年8月号が900円(833円)なので、
これがいつもの価格だろう。
なんで80円高いか。今月号には
「編集特別付録 
 ミラーレスカメラは写真を自由にしてくれる
 MIRRORLESS STYLE 2018-19 #13」
が付いてるからやろう。
Nikon D5300 Nikkor-S Auto 50mm F1.4
Dsc_0075_1_2

 

と、まあ、前々回記事でも、しれっと
このオールドレンズをD5300に付けて
使ってみたりしているのやが、
付くことは付くのやが、
露出計も切られてしもて、
フォーカスエイドくらいしか使えん。
ニコンDfを買えばいいのやろが高すぎる。
ニコンのミラーレスを買うて、
マウントアダプター FTZを使えば
非CPUレンズでも、
撮影モード:A/M、
測光モード:マルチパターン測光
      /中央部重点測光
      /スポット測光
が使える。
が、安い方のニコンZ6でも
ニコンDf買うのと同じくらいの値段する。
ううん〜、ミラーレスカメラでさえも
写真を自由にはしてくれんようだ、
経済的には。

 

で話をアサヒカメラ3月号に戻しますというと
 “銀塩プリント”という選択
ちう記事がありましてね。
富士フイルムの「プレミアムプリント」の話。
オンラインで発注して、約10日で自宅に
プリントが届くという。
お値段が書いてないな。
自分で調べろてか。
調べますとA4サイズで¥1,404〜税込
とな。ちょっち高い。
メール便なら送料無料といっても。
(宅配便なら600円)

 

こんな記事も:
 家庭でできるエプソンのプリンターを使った
 “コンテスト”に勝つための
 プリントの心得えとは
いわく
 コンテストに出すならプリントには
 こだわるべし
ということだ。
我なんか、作品によって用紙を変えたりは
してないなあ。買うたら使い切るまで
その用紙ばっかし使う。買うときは
多少の検討はするが。たとえば

 

用紙の選択を:‖ キヤノンかピクトリコか富士フイルムか

 

紙に至る病、そして

 

ピクトリコの造りしもの

 

用紙の選択を

 

用紙の選択を

 

で今は、
 富士フイルム 画彩(かっさい)
 写真仕上げHi ハイ 絹目調 厚手
 A4×20枚
937円を使ことります。
今回の入選はこれやったか、
ピクトリコやったか、
そこまで記録してなくて、よお分からん。

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「瓦屋根」こういう屋根、最近あまり見かけない。
Dsc_0006_12_3

 

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »