« 涙(July 2019) | トップページ | エアフォースワン、来日 »

2019年6月30日 (日曜日)

新谷秀夫の造りしもの

甲山森林公園について知っておこう。
ここに来たのは何年振りやろか。


Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
(以下、機材同じ)
「使えません」
Dsc_0014-10

去年の台風から、まだ完全には
復旧していないということか。

「大阪空港方面を望む」
Dsc_0015-10
阪神競馬場がすぐ手前に、右奥が梅田方面。
関学らしきのも見える。
昔はもっと木が少なかったように思う。
前来たときの写真を探したが、
画像データからは見つからない、
そう、たしか、
CAPAの懸賞で当てたコニカクロームで、
ここで写真を撮ったような、
そんな気がする。
その写真、探すのが邪魔くさいので
探していない。

Dsc_0018-14

先客がいらっしゃったので、登ってないが
そう、この岩の上に登って
写真を撮った気がする。
しかし記憶より木が多いな。
そら木も生長するわな。


Dsc_0019-14
県立 甲山森林公園
兵庫県が生まれて100年目を記念し 美しい甲山を
背景にした この雄大な自然環境の中に 「愛」を
こめ県民のみなさんの健康と幸せを願ってこの公園
をつくりました
公園面積 57.6ヘクタール
着工 昭和42年
完成 昭和48年
「愛」の像 彫像 (葉っぱに隠れてよめん)
 台座  ポルトガル産?(葉っぱに隠れてよめん)


Dsc_0022-13
「愛」の像
甲山森林公園は県政百年、明治百年の
栄光を讃えてつくられた記念公園です。
昭和48年4月に主要施設の整備が完了。
中心施設となるシンボルゾーンの記念モニュメント
として、坂井時忠知事の揮毫による「愛」の像が
建てられたものです。
作品は、彫刻家新谷秀夫作で地上8.6m、台座は
赤御影石、作品は白大理石です。

◇噴水運転のお知らせ◇
期間 4月〜11月
時間 9:00〜16:30
曜日 土・日・祝


Dsc_0024-9
お知らせ
当野外ステージ等と自由
広場の団体利用は許可制
につき管理事務所へ申し
込んで下さい
(甲山森林公園管理事務所)

「自由広場」という名前だが
完全に自由というわけではないので
注意しよう。


「喫煙場所」
Dsc_0026-13

森林公園やから、火気厳禁と思うが
タバコ吸ってもよいところがある。
まあ、勝手にその辺で吸われるよりは
ましってことか。


Dsc_0027-11
三丁
神呪寺本堂まであと三丁(約三○○メートル)
を示す町石である。この町石はバス道路工事
の際取り除かれ、長い間生い茂る熊笹の中に
倒れたままに放置されてきたが、昭和五十八年二月
甲東文化財保存会の手によって、日の目を見た
ものである。もとは門戸方面からの旧参道道
沿いに建てられていた。
碑面の梵字「クラーク」は虚空蔵菩薩ではないかと
言われている。この菩薩は無限の福徳知恵をそなえ
常に人々にこれを与えて諸願を満足せしめる
とされる。  甲東文化財保存会


左の石碑の「三丁」の文字の上の
記号みたいの、これが梵字なのか。
「クラーク」って読むのか、これで。


最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

|

« 涙(July 2019) | トップページ | エアフォースワン、来日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涙(July 2019) | トップページ | エアフォースワン、来日 »