« 世界の中心で持続可能な開発目標を叫んだけもの | トップページ | 見知らぬ、龍神橋 »

2019年7月28日 (日曜日)

順レイ、呉羽橋のむこうに

猪名川に架かる
呉羽橋について知っておこう。
兵庫県側のたもとにこんな碑があります。
Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
Dsc_0030-10


「呉羽橋(順礼橋)」
  江戸時代は、「順礼橋」と記載されることが多く、
  西国三十三ヶ所の二十三番札所勝尾寺と、
  二十四番札所中山寺を結ぶ順礼街道に架かる橋
  であったことに由来する。
   後に、池田の古名呉服里(くれはのさと)に
  因んで、「呉服橋」と改称されている。


 順礼橋再建を賀して
 助力の人にあてへて
 徳大寺前右大臣
     実祖御筆
  橋ばしら
  ふとしくたてて
  行水の
  ながれもつきじ
  ちとせよろづ世


徳大寺前右大臣 実祖とは?
徳大寺 実祖(とくだいじ さねみ)は、
江戸時代中期から後期にかけての公卿。
(ウィキペディア)
(1753-1819)

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

|

« 世界の中心で持続可能な開発目標を叫んだけもの | トップページ | 見知らぬ、龍神橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界の中心で持続可能な開発目標を叫んだけもの | トップページ | 見知らぬ、龍神橋 »