« 見知らぬ、県道尼崎池田線 栄根JRアンダー交差部(弐) | トップページ | 涙(Aug 2019) »

2019年7月15日 (月曜日)

見知らぬ、県道尼崎池田線 栄根JRアンダー交差部(参)

「県道尼崎池田線 栄根JRアンダー交差部」
について知っておこう。

こういう銘板もあり

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0021-10

    川西の歴史・風物
 遠く縄文の昔から、人が住み、文化をそだててき
た私たちのまち。とりわけ、北にそびえる山々と、
南にひらけた野原とを、うるおし続ける猪名川は、さ
まざまな風物をうみ、歴史の歩みを助けてきました。
 今でもその歴史を伝えるものがいろいろありますが、
中でも猪名川のほとりにある多田神社の周辺で、四
月に行われる源氏祭りは、川西市の大きな行事です。
 源氏祭りは、昭和三十一年多田神社の祭りとして
行われたのが始まりで、よろい、かぶとなど昔の服
装をした人たちがねり歩くほか、いろいろな行事が
行われます。
 その行列には、源氏と平家の戦いで有名な清和源
氏の初代の人である、源満仲公を中心に鬼たいじで
有名な、源頼光、かまくら幕府を開いた、源頼朝な
ど、源氏ゆかりの武将のほか、鬼や、子どもみこし
など、たくさんの人が、行列に参加します。
 また、谷あいでは、十一月から五月にかけてむろ
まち時代から続く一庫炭が、今も焼かれています。
その山あいから続く猪名川の流れでは、人々が、ア
ユつりや、水遊びに親しみ、八月には、花火大会も
開かれます。


「猪名川は、・・・、歴史の歩みを助けて
きました。」って、
ちょっと珍しい言い回し思えます。
源氏祭りは、意外と歴史浅いのね。

一庫炭てのは以前、紹介しています。
ここ

看板があるってことは、これ、売ってる、
ていうことか。すげー。

妙見の森バーベキューテラスでは、炭は
持ち込みができないとのこと。

ここでいう「菊炭」てのも、一庫炭、池田炭と
同じことかと思われる。


最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

|

« 見知らぬ、県道尼崎池田線 栄根JRアンダー交差部(弐) | トップページ | 涙(Aug 2019) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見知らぬ、県道尼崎池田線 栄根JRアンダー交差部(弐) | トップページ | 涙(Aug 2019) »