« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月31日 (土曜日)

8000系、誕生 も30周年

阪急電車の車庫、隙間から見えますなあ、
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0019-16

懐かしいマークが
ヘッドマークになってますなあ。
8000 30th
やとお。
そうか今年は、8000系も30周年なのか。
この記事にも追記しておこう。

懐かしいマークてのは、これのこと。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0005-27

さっきの写真と同じ車両かどうかわからんが
側面に大きく描かれているこのマーク、
最近の車両では、こうですね、
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
Dsc_0013-12

この懐かしいマーク、そういえば、
ハミルトニアンを、ノートに手書きするとき
このマークの形を書いていたなあ、
30年前っちうと、
そういうことやったのやなあ。


Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「最後尾も撮れた」
Dsc_0007-15

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「5000系も撮れた」
Dsc_0015-12


最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2019年8月24日 (土曜日)

涙(Sep 2019)

月例フォトコンチェック。

 

2019年
アサヒカメラ        CAPA
(発表月ベース)・・・・・(掲載月ベース)
 1月号 なんもなし・・・・なんもなし
 2月号 なんもなし・・・・なんもなし
 3月号 入選   ・・・・なんもなし
 4月号 なんもなし・・・・なんもなし
 5月号 なんもなし・・・・なんもなし
 6月号 なんもなし・・・・なんもなし
 7月号 なんもなし・・・・なんもなし
 8月号 なんもなし・・・・なんもなし
 9月号 なんもなし・・・・なんもなし ←今回

 

予選通過すら遠い。
こうなってくると、3月号がなければ、
パーフェクト達成が目指せたのに、
という感じ(涙)。

 

今月のCAPAの方、以前、我が応募したのと
類似の作品の入選があり悔しい。
なぜ我のは落選したのか。
と思って、我パソの記録を見ますと、、、
アサカメの方に応募している。
CAPAならイケたのかなあ。
応募してない、さらに類似の作品もあり。
これを応募すっかなあ。

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「ら抜き言葉」
今年の猪名川花火大会は中止。
当日は降ってなかったが、
15日くらいに台風が来たので、
準備ができんかったからかな。

 

Dsc_0008-12

 

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金曜日)

平成30年(2018年)までの4年間の適格者

山陰海岸国立公園について知っておこう。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

Dsc_0108-1

山陰海岸国立公園
京丹後市八丁浜海岸から鳥取砂丘までの約75kmに及ぶ山陰海岸国立公園は、海岸景観が特徴で、様々な海食
地形や火成岩、堆積岩など岩石の種類の多さとその学術的価値などから、国立公園を含む一帯が世界ジオパークの
1つに認定されています。
鳥取砂丘や小天橋に代表される海岸砂丘や砂州の地形も多く見られます。
ーーーー
で、今回参りましたのが、上の看板では
⑧玄武洞
と書かれているところです。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

Dsc_0109

山陰海岸ジオパーク
玄武洞公園
“玄武洞”は文化4年(1807年)儒学者
柴野栗山が、当時石山といっていたこ
の景観をみて、天下の奇勝“玄武洞”と
命名したのが、名の由来です。
 玄武洞の右手に青龍洞、左手に白虎
洞・朱雀洞が並び、それぞれ柱状節理
に個性があって蜂の巣、竜の腹、亀の
甲のように見えるなど、人工ではでき
ない自然の彫刻がたのしめます。
ーーーーー

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

Dsc_0111-2

天然記念物 玄武洞

 玄武洞周辺の岩石は灘石と呼ばれ、江戸時代から採石場として開発されてきまし
た。その中心的存在として最も大きい玄武洞、節理の美しい青龍洞、小さいけれど
間近に節理が見られる白虎洞、羽を広げたような北・南朱雀洞、それぞれ特徴のあ
る5つの洞窟は、景勝地として知られてきました。特に、玄武洞と青龍洞は節理の美
しさや学術的な重要さから、1931年(昭和6年)に国の天然記念物に制定されました。
なお、玄武洞は山陰海岸国立公園(1963年制定)に含まれ、2007年には日本の地
質百選にも選ばれています。
ーーーーー

UNESCOのマークが見えますね。
山陰海岸ジオパークてなんじゃい。
ここに書いていました。

「第6回世界ジオパーク国際ユネスコ会議で、
山陰海岸ジオパークの世界ジオパークネット
ワークへの加盟再認定が発表されました。」
とありますので、そんで、
UNESCOのマークが入っているのでしょうか。
「山陰海岸ジオパークは平成30年(2018年)
 までの4年間、再び世界ジオパークとして
 認定されました。」
あれ、もう切れとるで?

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「車窓から」
走っている車から撮ったら自動的に流し撮り
ができました。

Dsc_0071


最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木曜日)

瞬間、皿、重ねて:‖ 出石皿蕎麦由来

出石(いずし)蕎麦について知っておこう。

 

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

 

Dsc_0064-3

 

本場手打ち 出石皿蕎麦由来

 

恵まれた風土、出石を代表する味覚
“手打皿蕎麦”は宝永三年(一七〇六年)に
信州上田より国替えになった仙石氏
により伝来したといわれている。
在来のそばに信州の手法を加え出石
焼の小皿を使い、特色ある出石の手打
皿そばの様式が生れた歴史は古い、そ
ばの実を丸引した自然な色と香練達
した手づくりの佳品は出石の里の恵まれた
水によってこそ生れる淡白素朴で風雅な
味は他に求められない絶品である。
それは、三タテの合言葉、挽きたて”“打ち
たて”“茹きたて”で一層生かされている。

 

 出石町観光協会指定の店
ーーーー

 

きになるところ:
・へえ、信州由来か。
・「蕎麦」と書いたり「そば」と書いたり。
・「生れる」という送り仮名使い。
・「挽きたて”」のところ、
  かっこの最初「“」がない。
・「三タテの合言葉」という言い方。

 

まあ、人気の観光地で、
連休に行きますというと、混んでいます。

 

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

Dsc_0060-3 車でないと行きにくいとこにあります。

 

溝ふたに、なぞの文様。梵字のような。
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

Dsc_0065

 

 

 

 

 

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「通天閣の上に」

Dsc_0048-3 「D1」て書いてんのかな、と思たら、
「01」らしい。初音ミク関連のイベント
関連らしい。阪神高速14号松原線より。

 

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

熊野三山に至る道、そして

伊太祈曽駅について知っておこう。

 

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

Dsc_0017-20

伊太祈曽(いだきそ)駅。
和歌山電鐵貴志川線の駅。
「よんたま」と呼ばれる三毛猫様が駅長です。

このあたりで、貴志川線と熊野古道が
交差するようです。
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

Dsc_0037-7

熊野古道の図ですが、これが伊太祈曽駅に
ありました。
あんたの母校のそばを熊野古道が
通ってますやん。知らんかったの、へえ。

ところどころにある「王子」てなんじゃい。
熊野古道沿いにある神社らしい。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

Dsc_0043-5

海外の方もたくさん来られるのでしょうか。
このような看板あり。
踏切で広がって歩くな、
と言っているようです。

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「路傍の線路片」
これは、全然違う場所で撮影。
Dsc_0035-7

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水曜日)

終わらない、工事:‖ 大阪駅周辺

梅田の近況について知っておこう。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

Dsc_0008-11

ヨドバシカメラマルチメディア梅田
(バシカメ)のすぐ北に
ホテルだっけが建設中やが
デザインがバシカメライクですな。


JR大阪駅の時空(とき)の広場で
バッジみたいのを広げている
若い女性多数。
何やってんねろ。
隣の人と話しするでもなく
だまって、ずっとスマホかなんか見ている。
ときどき警備員らしいのが注意?しにいく。

どうやら、トレーディングか、
販売をしているようだ。
何のバッチかは分からんかった。

で、大阪駅の南側に行きますというと
なんじゃこの更地は。

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G

Dsc_0009-19

阪神百貨店が無くなっているやないか?
いや違う、向かって左(東)に阪神はあって
営業している。
どうやら右(西)半分だけ、
建て替えているようだ。

いやしかし、たいへんやな、あんなでかいビル
全部ぶっこわしたのか?どないして?
街中で爆破もでけんしな、少しずつす少しずつ
壊す、なんてことができるんやね。
まあしかし大阪駅の南側、
ずっと工事してますなあ、
我が幼稚園くらいのときには
もうやってた気もする。
で、また加えて、
この阪神の工事が始まったわけね。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「阪急5000系」
全身マルーン色の車両も珍しくなりましたな。
上部に白線が入っているのが多い。最近。

Dsc_0003-23

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

見知らぬ、加茂井

加茂井堰改築記念碑
について知っておこう。
「加茂井」と書いて、「かもゆ」と読む。
用水路の名称である。

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

 

Dsc_0003-24

 

最初の加茂井堰は、享保5年(1720年)に農業用の取水堰としえ設けられました。当時の
堰は、蛇かごの中に石を詰めた構造のものでしたが、その後、昭和34年に蛇かごをコンクリー
トで固め階段状にした多段式固定堰へと改築されました。
 昭和34年に改築された加茂井堰は、老朽化が著しく、固定堰であることから洪水時における
流量を妨げる構造のものでした。
 この度、猪名川工事事務所では河川改修に伴い、洪水を安全に流すために可動堰としての改築を
行ったものです。
 当時は、事業の実施にあたり、地元の多くの方々、川西市、池田市の御理解と御協力に感謝する
るとともに、猪名川の安全を確保する河川改修工事を記念するものです。
                                   近畿地方整備局
                                   猪名川工事事務所

 

 加茂井堰の改築事業にあたりご尽力賜った地元関係者ならびに関係機関に対し、心より敬意と
感謝の意を表しますとともに、猪名川がますます安全で豊かな川として親しまれ愛されることを
祈念いたします。
                                   川西市長

 

 河川改修事業に伴う加茂井堰の改築は、洪水調整を行うことで災害から地域住民の生命と財産
を守り、人々が快適で潤いのある空間として親しめるものと思います。
 関係各位の絶大なるご協力により、この事業が完工されましたことに敬意を表します。
                                   池田市長

 

 

     平成13年8月

 

その堰はこれ。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

 

Dsc_0012-16

 

空気圧で?膨らんだり縮んだりして?
高さを調節するのやと思う。

(関連の記事はこちら↓)

見知らぬ、加茂井(弐)

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「善意(せんい)の傘(かさ)です。
 ご自由(じゆう)にお使(つか)い
 ください」
なかなか、くせのある傘もある。

 

Dsc_0002-29

 

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火曜日)

終わった世界:‖ 金楽寺駅

まず
金楽寺(きんらくじ)北公園について
知っておこう。

 

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

 

Dsc_0025-12

 

金楽寺北公園  ルールを守って
          楽しい公園

 

樹木を大切に 家庭のゴミすて 迷惑な犬の散歩

 

大人、硬球等の野球 危険な花火 はずかしい干し物

 

みんなの公園
 みんなで きれいに!

 

ーーーーー
「迷惑な」は「犬」にかかるのか、
「散歩」にかかるのか。
このイラストからすると「犬」かな。

「はずかしい干しもの」は
たいへんユニークな禁止事項ではなかろうか。

Dsc_0025-13

 

ここ、兵庫県尼崎市金楽寺町と言えば
かつて、福知山線の支線が通っていて、
金楽寺駅というのがあったらしい。
その跡地らしいところが
この公園の近くにある。

 

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「跡地らしきところ 南を望む」

 

Dsc_0028-17

 

とくに、案内の看板もないが、
小さな、長細い公園のようなスペースに
なっていて、線路を表しているような
2本線が見えます。
この写真の奥の方が、かつての支線の
終点であった、尼崎港駅方面になります。

 

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「跡地らしきところ 北を望む」
Dsc_0026-16

 

奥に、終点でも表すかのような
モニュメント?的なものもあるが、
とくに、説明板のようなものもない。
この写真の奥が、尼崎駅方面になります。

 

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

 

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月曜日)

見知らぬ、龍神橋

南海本線の堺駅から
直線距離で2、3百メートルほど南にある
龍神橋について知っておこう

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
Dsc_0011-10

龍神橋
龍神のいわれ
 宝永元年の大和川つけか
え以来 堺港に注入する流砂
のため港はさびれた
 浜の人をはじめ住民全体が
港湾復興を願い天明六年
越後の國の龍沢山善法寺
の僧に祈祷を依頼したところ
祈祷終了の日没より海上一面
に灯明がきらめき渡った
 これはまさしく龍神の霊
験なりと評判が立ち 以来
この新地を龍神と名付け
天保九年に架設された橋
を龍神橋と命名した


そない昔に大和川は付け変わっているのか。
現在、大和川はここより北を流れている。
大阪市と堺市の境界になっている。

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「散策路、カミングスーン」
楽しみである。7月末ごろ、現地を肉眼で
確認したが、未完成であった。
Dsc_0007-12

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »