« 涙(Oct 2019) | トップページ | 救心のかたち »

2019年9月22日 (日曜日)

川西南部を支配し、活躍した首長、魂の座:‖ 勝福寺古墳

勝福寺(しょうふくじ)古墳
について知っておこう。

 

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

 

Dsc_0010-7

 

兵庫県指定文化財 平成26年3月14日指定
勝福寺古墳

 

 明治24年(1891)土取り中偶然に発見され、近年に至るまでの発
掘調査で全容が明らかになりました。
 全長約40mの前方後円墳で、埋葬施設は後円部に全長約9mの
右片袖式横穴式石室(第1石室)と小型の横穴式石室(第2石室)、前方
部に2つの木棺墓をもちます。第1石室からは画文帯神獣鏡・銀象
嵌竜文刀、前方部南棺からは金製耳環、銀製クチナシ玉等が出土し
ています。
 中心埋蔵施設である第1石室は、畿内でも古式の精美な石室であ
ることや、豊富な副葬品の出土から、古墳時代後期の6世紀初め頃
に川西南部を支配し、活躍した首長が埋葬された古墳と考えられま
す。
 出土遺物は、川西市文化財資料館(南花屋敷2丁目13-10)で展
示・公開しています。

 

            平成24年1月13日 川西市教育委員会

 

 

ここに至る遊歩道が最近、整備された。
こんな感じ↓
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

Dsc_0002-30

Dsc_0004-20

Dsc_0006-15

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

|

« 涙(Oct 2019) | トップページ | 救心のかたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涙(Oct 2019) | トップページ | 救心のかたち »