« 見知らぬ、公園 ‖: 安満遺跡公園 | トップページ | 涙(Dec 2019) »

2019年11月16日 (土曜日)

緒方洪庵の造りしもの

適塾について知っておこう。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
(以下、機材同じ)

Dsc_0001-26

これを全部書き出す気は起こりませんな。

 史跡 緒方洪庵旧宅及び塾
 昭和一六年一二月一三日 指定
 重要文化財 旧緒方洪庵住宅
 昭和三九年五月二六日 指定
 所在地 大阪市中央区北浜三丁目三番八号
 (旧過書町丼池東入)

 この建物は、幕末の医師・蘭学者であった緒方洪庵が
 弘化二年(一八四五)に買い受けて、天保九年(一八三八)
 に大坂瓦町に開いた私塾、適塾(適々斎塾)を移転した
 場所である。・・・・
 (以下、略)

 平成二六年(二◯一四)四月
  文化庁
  大阪大学

ということで、これが大阪大学の前身、
ちうことです。

Dsc_0002-32

建物の横にスペースがあって、こんな風に
緒方さんの坐像があります。

Dsc_0003-27

そのスペースから見た適塾。中に入る事は
できますが有料です。

Dsc_0004-22
適塾の前の道路は、内北浜通
(うちきたはまどおり)

 ようこそ船場へ

へえ〜こんなとこまで、船場というか。

 船場は、東西南北を4つの堀川(土佐堀川、東横堀
 川、長堀川、西横堀川)に囲まれた区域で、江戸時代
 に「天下の台所」といわれ栄えた大阪の経済・文化
 の中心地でした。

Dsc_0005-30

付近の道路、日曜、休日は路駐してよいとは
驚きでした。

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

|

« 見知らぬ、公園 ‖: 安満遺跡公園 | トップページ | 涙(Dec 2019) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見知らぬ、公園 ‖: 安満遺跡公園 | トップページ | 涙(Dec 2019) »