« きんたの価値は | トップページ | 見知らぬ、頼光公 ‖: 多田神社 »

2019年12月29日 (日曜日)

見知らぬ、霊場 ‖: 久安寺

久安寺(きゅうあんじ)について知っておこう
これは11月の写真たちです。
古。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
(以下、機材同じ)

Dsc_0032-9

摂津観音十九番
西国薬師十八番
摂津大師六十七番
霊場 久安寺
ずいぶんいろんな番号が振られているな。
JR尼崎駅なんか統一されているで。
番号の選択を

Dsc_0012-19

芳泉庭(ほうせんてい)
お釈迦さまは、大きな木の下で
座禅瞑想し お悟りを得られました。
その木を「菩提樹」と名づけます。
よい香りの花が咲き、硬い実になります。
坐禅石と仏足石を置き釈尊を拝みます。
虚空園バン字池の水が薬壺から湧き出ます。
釈尊は薬師如来の姿で目覚めの衆生を守り、
生き方を導かれます。
「小我を捨てて大我に生きよう。」と。

↑「バン」は、なんか梵字のような字が
 書いていますが、パソコンでは出ん?


Dsc_0014-13

Dsc_0021-12

正門から外をみるとこんな感じ。

Dsc_0026-21

前を道が横切っていて
それが現代のメインルートなのだが
写真のように正面にまっすぐ道がある。
これが往時の参詣道であったことだろう。

イチョウが見事に色づく時期であった。

Dsc_0029-4

Dsc_0033-6

弘法大師中興・観音菩薩の霊刹
もみじ・つつじ・あじさいの名所
高野山真言宗
久安寺ごあんない図

そうか、もみじ・つつじ・あじさいの
どれもの外れの時期に来てしまったのか。

場所は大阪府池田市。
池田市街から、猪名川沿いに上って行くと
この寺はあるのやが、
この猪名川の左岸(大阪府側)てのは
寂れているな。右岸(兵庫県側)に比べて。
やっぱ、鉄道(能勢電)の有る無しの差
やなあ。こんなに差がつくもんなんやな。

以上です。


最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

|

« きんたの価値は | トップページ | 見知らぬ、頼光公 ‖: 多田神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きんたの価値は | トップページ | 見知らぬ、頼光公 ‖: 多田神社 »