« 見知らぬ、霊場 ‖: 久安寺 | トップページ | 見知った、大滝 ‖: 箕面の滝 »

2019年12月31日 (火曜日)

見知らぬ、頼光公 ‖: 多田神社

多田神社について知っておこう。
撮影は11月。また古。
兵庫県川西市多田院多田所町。

 

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
(以下、機材同じ)
「参詣者駐車場」

 

Dsc_0001-28

ほんまこのレンズフード、
すぐズレる(回る)、でケラれる。
はらたつ。

係の人が、足で地面に線を引いてくれて
ここに止めて、っちう駐車場。
三百円やったかしら。

「ムクロジ」

Dsc_0002-34

郷土記念物 多田神社のムクロジ
指定対象 ムクロジ 1本
指定年月日 平成10年4月28日
 我が国では、本州、四国及び九州に分布する
ムクロジ科の落葉高木である。本物件は、地域
の自然を象徴し、県民に親しまれている。
 県内有数のムクロジの巨木である
     兵 庫 県

「郷土記念物」てなもんがあるとは。

 

「源頼光公壱阡年大祭記念
  玉垣奉納のご案内」

Dsc_0003-29

二◯二一年 二の宮頼光公薨去壱阡年の節目の
年を迎えるにあたり 御芳名を刻みました玉垣の
奉納を左記の通り承っております
就きましては奉納御希望の方は社務所までお申し
出ください
    記
一、一基 五拾萬圓以上

 

「清和源氏系図」

Dsc_0004-24

清和源氏発祥の地なのですなあ、ここは。
満仲公、ってのが初代ということです。
川西池田駅前に、満仲像もありますなあ。
ホールの名前も、みつなかホールと言います。

「水戸黄門 御手植銀杏」

Dsc_0005-32

以上です。

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

|

« 見知らぬ、霊場 ‖: 久安寺 | トップページ | 見知った、大滝 ‖: 箕面の滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見知らぬ、霊場 ‖: 久安寺 | トップページ | 見知った、大滝 ‖: 箕面の滝 »