« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月30日 (木曜日)

画像ファイルの選択を :‖ ココログの容量が不足したら

ココログが容量いっぱいになったとき
画像を消して容量を空ける方法について
知っておこう。

 

「記事一覧」で、記事を探して、編集画面で
画像を削除。
これで、表示はされなくなるが容量は
減らないのである。

 

「コントロールパネル」→
「ファイルマネージャー」→
「ファイル管理の概要」ときて
「現在のフォルダ」が表示されるので
その下の
「ファイル名/ディレクトリ名」
から、該当画像ファイルを探して
せっせと消さないとあかんのである。

 

まあ
「/(ブログの固有名)」
をクリック→
「/(ブログの固有名)/images」→
「/(ブログの固有名)/images/2019」
とクリックしていって
投稿日から、該当画像ファイルを
探してせっせと消さないと
あかんのである。
なんたるめんどくささ。

 

我の場合、「/2020」という
ディレクトリがなぜかなくて、
1つ1つの画像ファイルがダラーと
並んでいる。なんで2020年からこうなって
いるのかわからん。
1年ほどたつと「/2020」に
まとめられるのかな。

 

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「横棒」

 

Dsc_0034-11

 

金属製のゲート状のものであったが
この作りやと、横棒(ー)がこんな風に
なってしまう。

 

以上です。

 

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日曜日)

モーターマガジン社の造りしもの:‖月刊カメラマン休刊

月刊カメラマンが休刊らしい。
我はずっとCAPA派であった。
カメラマンは昭和53年創刊らしいので、
CAPAの方が後発や。
ちょうど、
我がカメラの興味を持ち始めた頃に
創刊されたCAPAの、
まさに創刊号を買うたので、
以降ずっとCAPA派であった。
カメラマンは買うたことがない。
ので、
カメラマンについては、語るべきことが
ないのではあるが、なんかまあ、
少々残念な、感じもする。
当時、
アサヒカメラ、日本カメラというと
おっさん向け、という印象で、
実際、価格も高く、小・中学生が
買うような雑誌ではなかった。
今もそうであろう。
そこいくと、カメラマン、CAPAは
ヌード写真もほとんど載らないし
(皆無、というわけではなかった)
値段も350円とかで、
(小・中学生当時の)我々向け、
という感じがした。
今や、我も、アサヒカメラや日本カメラが
似合う年齢になったが、
今もこうやって、CAPAの月例にも応募し
予選でも通過したら買うたりもしている。
ちゃんと買うて、お金を回さないと
文化は守れないのであるなあ。
予選に通過しないと買わない、というのは
あかんのかも知れんなあ。
興味のある記事のときは買うように
すっかなあ。
CAPAの創刊号は今も持っている。
付録のスポーツファンダーも
たぶん、まだどっかにある、
と思う。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「貝柱が2つ」
Dsc_0031-12 貝柱2つて、珍しくないすか。

 

以上です。

 

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

涙(May 2020) :‖ 「スポッティング」修正

月例フォトコンチェック。

 

2020年
アサヒカメラ        CAPA
(発表月ベース)・・・・・(掲載月ベース)
 1月号 なんもなし・・・・2次予選通過
 2月号 なんもなし・・・・なんもなし
 3月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 4月号 なんもなし・・・・なんもなし
 5月号 なんもなし・・・・1次予選通過 ←今回

 

意地になって、というわけでもないが
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
ばかり使って撮っています。
なんでか、あまりキレイに撮れない、
ブレ?のような、もやっとした感じで、
でも、今日もこれで撮っている。
単焦点なので、いさぎよい。
ズームして、切り取りを悩む、
ということがない、てとこがいいとこか。
でも、あきらかに、もうちょっと
引いて撮った方がよいとか思っても、
後ろが川で、しかたなく、、、
ということもあるしなあ、
今回のアサカメのカラープリントの部に
送ったやつは、そんな感じやった。
引いて撮ってたらどうやったか。

 

アサカメのモノクロプリントの部に
送ったやつは、ぱっと撮って、
さらに若干トリミングまでしている。
まあ、だめな写真は、切り取り方なんか
どうであっても、あんまし関係ないか。

 

CAPAの方は空を撮ったようなやつで、
ぱっと悩まず、切り取った感じ。
インパクト的に弱かったか。
選・評者の今月のコメントで、
プリントについて言及あり。
我なんかいつも、プリント一発勝負、
やり直しなんか、ほとんどしない。
それではあかんのかも知れんが。
今回アサカメに送ったやつは、
端っこの余白のとこに、インク汚れが
付いてしまっていたが、修正テープ貼って
送ってしまった。
昔、銀塩時代には、余白ではなく、
画面に入った傷なんかを「スポッティング」
で修正するなんて当たり前であったから、
余白のインク汚れの修正なんか問題ない、
と思いますがどうか。これくらいのことで
プリントやり直しをしていては
エコではないやろう。
という言い訳はどうか。

 

Dsc_0034-10

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「えらい長い渡り廊下?」

 

 

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日曜日)

行基の造りしもの :‖ 観音寺

観音寺について知っておこう。
服部緑地都市緑化植物園の近くに
というか、同一敷地?にある。
「観音寺」をなんと読むのかは分からん。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「観音寺」
Dsc_0039-8

 

観音寺
行基菩薩開創にして
多田満仲公守本尊として
崇拝され 徳川家康公
大阪夏の陣中より具足を
以て燈ろうをつくり戦勝
を祈願されたといわれる
「くさづり」の燈ろうを
今に伝える  堂内には
行基作と伝える観世音像
が安置されている。

 

源満仲を、多田満仲とも言うんか。

 

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「右 小曽根の渡しの跡
 左 大阪城焔焇蔵場跡」

 

Dsc_0040-7

 

焔焇蔵場跡の話はこないだのこれ↓
「長興寺焔硝蔵場跡の価値は」 以上です。

 

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »