« 涙(June 2020) | トップページ | 見知らぬ、大神 :‖ 藤の森稲荷 川西市 、あとアサヒカメラの休刊 »

2020年5月31日 (日曜日)

見知らぬ、広場 :‖ ナイチンゲール像 川西市

ナイチンゲール像について知っておこう。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

Dsc_0011-14

説明
 このナイチンゲール像は、岡山市吉備津
に所在する宗教法人「福田海」の創立者、
中山通幽が晩年を病んで大阪日赤病院に治
療中、献身的な白衣の天使に深く感激し、
その感激を後に残さんものと造像の願いを
起こした結果、一九三六年この地に建立を
みました。
 像の原型はロンドンに建つ女史の像で、
世界にただ二基という珍しいものです。
 台座の「救苦観世音」の仏名は、女史の
偉大なる博愛の精神と仏教の慈悲とが相通
じる意を表し、当「福田海」では観世音と
してこれを崇め信仰を捧げています。

       宗教法人 福田海蓮社主記

ロンドンの像の型取らせてもらったのか?
しかし、画像検索で出て来る、ロンドンの像
とは、ずいぶん違うように見える。
今度(いつ?(笑))ロンドンに行ったら
探してみよう。

「女史」て最近言わないな。
女史といえば、むかーし、「こうせいじょし」
(江青女史)て言うのは聴いたことがある。

他は、、アウン・サン・スーチーさんにも
女史を付けていた時代はあったような、
なかったような。

まあ、この像、とっても分かりにくい所に
あります。何でこんな所に?というのが
今一つ分かりませんな。

もう一つ看板あり
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

Dsc_0014-15

フローレンス・ナイチンゲール(1820〜1910)
 ナイチンゲールは、イギリスの富裕な家庭に生まれ
ましたが、看護の道に使命をおぼえ、クリミア戦争
(1853〜1856)には、38人の看護師とともに前線に赴き、
敵味方の区別ない献身的看護と、傷病者の生活と衛生
環境を改善することにより死亡率を激減させ、「クリ
ミアの天使」として仰がれました。
 帰国後は、近代看護学・衛生理論の普及や看護師
学校の創設に尽力し、後の国際赤十字社の設立にも
影響を与え、誕生日である5月12日は「看護の日」として
記念されています。
 この像は、ロンドンにあるナイチンゲール像を原型
にして1936年に造られたもので、約175cmの等身大の
銅像です。
 この広場は、女史の活動を偲び、誰もが憩える場所
として整備したものです。
 2004年5月12日
    日本赤十字社兵庫県支部川西市地区

FLORENCE NIGHTINGALE (1820〜1910)
Florence Nightingale was born of a wealthy family in England.
She felt an early calling to serve others and was determined to "do
something worthwhile". During the Crimean War, she recruited, and
equipped a group of 38 nurses and went to the battlefield. Undaunted,
she is best known for her work, reforming hospital sanitation methods,
improving patients lives and dramatically lowering mortality rates.
She gained the undying respect of the British soldiers and wars called
the Angel of Crimea or a ministering angel for her devotion to the
patients, friends or foes.
After she returned to England, she continued to have an influence
on the standards of nursing care and training and also on the theories
of sanitation. She became known as the founder of modern nursing.
She also established a training institution for nurse. The founder of
the Red Cross had been inspired by her work in Crimea to begin the
Red Cross.
"International Nurses Day" is celebrated annually around the world
on May 12th, the anniversary of Florence Nightingale's birth.
This replica whose original is in London, was made in 1936 and is
a life-size statue, about 175 cm tall.
This park is for commemorating her feat and works and was built
as a place for anyone to take a rest.

May 12, 2004
Kawanishi City Branch Hyogo Prefecture Chapter
Japanese Red Cross Society

この「広場」が「整備」されたのは、
最近(2004年)だ。
じゃ、像が「建立」された当時(1936年)は、
どうなっていた??
よう分からんな。

もう一つ看板あり。
像とは、違う、反対側の、ちょっと囲われた
スペースがあり、その前にこれ。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

Dsc_0013-17

看護婦慰霊塔
 戦地に一身を賭した
 殉職看護婦 四十七名
 並びに生涯を看護の道
 に尽くされた
 赤十字看護婦をまつる

日本赤十字社大阪府支部
大阪赤十字病院

どの戦地?
四十七名はどんな方々?
その辺、不明。
しかし、やっぱし、なぜここに?
というがよく分からん。

川西市のサイトでここの紹介がある。

「阪急電鉄雲雀丘花屋敷駅下車
 東へ500メートル」
となっているが、
川西能勢口駅からの方が近いと思う。

阪急のサイトでも紹介あり

ここでも、川西市のサイトへリンクしている
ようだが(「公式URL」というところ)、
そこはリンク切れとなっている。

まあ、とにかく
とても、分かりにくい場所にあります。

ナイチンゲールてのは統計学でも
有名らしい。
やっぱし、何でも統計で話せんとね。
しかし、統計の結論というのは、
直感と合わないときもあって、
なかなか理解が難しいところがある。

最後に肝心の現物の写真を。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

Dsc_0012-22

以上です。

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

 

|

« 涙(June 2020) | トップページ | 見知らぬ、大神 :‖ 藤の森稲荷 川西市 、あとアサヒカメラの休刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 涙(June 2020) | トップページ | 見知らぬ、大神 :‖ 藤の森稲荷 川西市 、あとアサヒカメラの休刊 »