« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月28日 (日曜日)

見知らぬ、温泉と飲料 :‖ 宝塚温泉の歴史と「ウィルキンソン タンサン」の起源

宝塚温泉の歴史と
「ウィルキンソン タンサン」の起源
について知っておこう。

このたび、ウィルキンソンが日本もんだと
初めて知ったのであります。
てっきり、ペリエとかと同じ、
輸入もんかと思てました
その辺、なんか宣伝足らんのでは。
いや、あえて、そこは
積極的に推してないのか。

宝塚市民には当たり前に浸透しているのかも。
こっちが知らんだけか。

ホテル若水の前にこういう碑があります。
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

Dsc_0003-34

説明する看板もあります。
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

Dsc_0004-25

宝塚温泉の歴史

 鎌倉時代、この辺りには小林荘(おばやしのしょう)という荘園が
ありましたが、一二二三年(貞応二年)に藤原
光経が「津の国 をはやし(摂津の小林)に湯浴」
みして歌を詠んでいます。
 伊孑志(いそし)武庫山の山上にある潮泉山 塩尾寺(えんぺいじ)の
伝説では、室町時代、将軍足利義晴の時代に、
悪瘡(そう)(肌の病)を患い苦しんだ女性が、観音様の
教えで武庫川の鳩ヶ淵ちかくの柳の根元に湧く
酸い水からい水で湯あみして病を癒したのだと
いいます。これが宝塚温泉の始まりだと伝えて
います。
 江戸時代には、塩尾(しおのお)の湯、伊孑志の湯、川面(かわも)の湯
などの名で親しまれ、「有馬(の)温(ゆ)湯流(なが)レクダル餘水」
と『摂陽群談』に記されています。
 この温泉場は一八八七年(明治二十年)に
「宝塚温泉」と命名されて近代的発展が始まり
ました。この石碑はその年に建てられたものです。
現存する「宝塚」と刻まれたものの中で、最も
古いものです。

                田辺 眞人

「ウィルキンソン タンサン」
          の起源

 温泉場には、昔から「酸(す)い水」と
「鹹(から)い水」の2種類の水が湧くことが
知られていました。
 イギリス人のジョン・クリフォート・
ウィルキンソンは狩猟で訪れた宝塚で
この鉱泉に出会いました。英国に分析
を依頼し、優秀な食卓用鉱泉である
ことが判明したので、一八九〇年(明治
二十三年)に紅葉谷に瓶詰工場を設け、
販売を開始しました。
 その後、「酸い水」を「TANSAN」
(タンサン)と名付け、「鹹い水」を薬効水
「NIWO」(仁王水)と称し、世界に向け
販売しました。
「TANSAN」は、大正時代には
海外二十七カ所に販路を拡げるなど、
日本を代表する炭酸水ブランドと
なったため、日本においては炭酸飲料
を単に「タンサン」「TANSAN」と呼称
することが一般化しました。
                鈴木 博

「酸い水」が、まあ言うたらH2CO3で、
依って炭酸水やとして、ほな、
「鹹い水」の「NIWO」(仁王水)とは何か。

アサヒ飲料のサイトによると
「胃腸を仁王の如く強くする」という
コンセプトだったという。
また、
「仁王印ウォーター」は
「ウヰルキンソン タンサン」に名を変え・・・
とありますから、結局、「酸い水」由来の
「TANSAN」ブランドと合流?した
のでしたら、両者は同じもののようでもある
が、しかし、
写真の看板の記載やと、元は違うものやった
ようですし。よお分からん。

「鹹(から)い水」ていうくらいやから、
塩味やったのではないのか。
有馬温泉の金泉のようなものではなかったか。
しかし、あれは飲んだことがあるが、
いわゆる「血の味」がして、
飲めたもんやない(笑)

ホテル若水を挟んで、反対側は
炭酸煎餅のお店でした。
Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

Dsc_0007-18

以上です。


---追記2020-7-20---
こういうものを見つけました。

国立国会図書館デジタルコレクション
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/924405
『北摂温泉誌: 附・三田、伊丹、池田名勝』
というのが公開されています。
その
コマ番号43/125
に寶塚温泉の記述あり。

コマ番号44/125 4行目から
---
かくて此(この)寶塚(たからづか)の世に知られたるは極めて新しく、
昔はこゝに鑛泉(こうせん)の湧出る事を知る
者も少なく、僅かに村民等の汲み取りて浴用に供せしのみ、
然るに明治十七年頃、丹波國氷上郡本田中村の人、
當時大阪に出で牛乳業を營める小佐治(おざぢ)豊三郎ありけるに、
或時川邊郡(かわべぐん)川面村(かわもむら)の人、
大阪に來り小佐治豊三郎に談するに、近頃長尾山腹(ながおやまはら)
に櫻小場(さくらこば)とて五十八村の野山あり、
先年開墾して田地となせしも近年は荒れ果てゝ今は野原となれり、
こゝに牛馬の牧場と起せば便ならんとの事より
豊三郎、是れより牧牛を試みしに此地水土共に畜牛に適し、
成績最も良好なれば、一度其地を實地見聞(じっちけんぶん)
せんとて、十八年二月頃同地に來り、川面村の岡田竹四郎、
田村善作を訪ひ、三人にて伊孑志山(いそしやま)に
雉鳥(きぢとり)を射獵(しやれう)に往き武庫川(むこがわ)の
右岸小松原にて小憩せる時、岡田田村の云ふに此傍に䀋水の湧出づる
處ありと汲み來りて嘗むるに、一は鹹(しほから)くして、
一は酸(すつぱし)なり、此れは珍らしき水なりと二泉を
汲み歸(かへ)りて、豊三郎は之れを高橋正純(たかはしせいじゅん)
と云ふ人の許(もと)に持ち行き、山䀋(やましほ)
を製しては如何(いかが)や試み賜へと賴みしに、高橋氏早速醫學士
(いがくし)松尾耕三氏を介して試驗せしに、
其結果は䀋を製するよりも、浴用にせば其効能頗(すこぶ)る
大なりと、殊に僂麻質斯(りうまちす)疝氣(せんき)等
には適當(てきたう)なることを*證明(そうめい)せられしより、
愈(いよいよ)此地に*浴場を設置せんと、明治
二十五年五月五日を以て寶塚温泉*浴場を開業せり、
是れ温泉の開山なり、之れより大阪神戸
より其名を聞き遊覧に治療に集り來る者、絡繹(らくゑき)群をなし
忽(たちま)ちに一市街を作るに至る、
---

*字がつぶれていて、読み取れず、もしかすると違うかも。

あれれ、この記述だと、
「雉鳥(きぢとり)を射獵(しやれう)に往」って「䀋水の湧出づる
處ありと」見つけたのは、ウィルキンソン氏ではないぞ。
混乱しますな。


ウィルキンソンについての記述は、もう少し後ろに少しあり。

コマ番号45/125 後ろから4行目から
---
又寶塚鑛泉會社及び英國人ウヰルキンソン炭酸水工場あり、
數多(あまた)の人夫を使雇(しよう)す、
電燈は猪名川電氣及箕面(*みのも)有馬電氣の両會社より供給せり。
---


*現在では、「みのお」と呼称するがな。どういうこと?

ウィルキンソンが突然出て来て、経緯とかの記述なし。

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日曜日)

涙(July 2020)

月例フォトコンチェック。

2020年
アサヒカメラ        CAPA
(発表月ベース)・・・・・(掲載月ベース)
 1月号 なんもなし・・・・2次予選通過
 2月号 なんもなし・・・・なんもなし
 3月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 4月号 なんもなし・・・・なんもなし
 5月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 6月号 不明・・・・・・・1次予選通過
 7月号 不明・・・・・・・なんもなし ←今回

アサヒカメラ、今回も
入選者発表のページがないので、
そらもう、8月号もその後もないから
発表すべき入選者がいないからであるが
よって、予選通過者も掲示されてない。
応募作品は返却するとあるので、我の駄作も、
わざわざ送り返してくれるのやろか。
たいへんやな。
今回はアサヒカメラもCAPAも桜関係の写真を
送ったのやが。ま、駄作やな。
で、ま、最後やしな、と思て、
998円もするけど購入。
いつもの本屋に、いつもより多く
積まれていたアサヒカメラ、
我みたいに、記念に買う需要が見込まれて
いるのやろ。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「笹部駅」
Dsc_0006-20

能勢電鉄。梅田から50分くらいで
こんな田舎感満載の駅に着く。
単線で駅舎が片側にのみある。
でも10分間隔で電車が来るのが
ほんまの田舎駅ではないところ。
写真でいうと左側の崖上には
住宅街が広がる。
右側はほんまに田園風景。


最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日曜日)

見知らぬ、大神 :‖ 藤の森稲荷 川西市 、あとアサヒカメラの休刊

こないだ(これ)アサヒカメラの
入選者発表のページがない、と思てたら
なんと、そのページどころか、
アサヒカメラ全体が休刊になるですと。
こらあちょっち、
雑談でも、だらだら買いておこう。

998円もして、3万部以上出ているらしいが、
広告収入が入らないとだめなのか。

月刊誌、というもの全体が厳しいのかな。
うちの子ら見てても、そういうものを
一切買わないもんね。
私が中高生のころはカメラが好きなので
CAPAを買うていた。
アニメのすきなやつはNEWTYPEとか
買うとったし、
プロレスの好きなやつ、音楽が好きなやつ、
コンピュータの好きなやつ、
それぞれ、そういう雑誌(何か忘れた)
を買うておった。
そういう時代ではなくなったのだなあ。

現在の我も、CAPAでもアサカメでも
フォトコンで予選でも通らないと
買わないもんね。
(だから休刊になったのちゃうんか。
 我のせいか(笑))
やっぱ買うてしまうとショバ取るのがなあ、
しんどいなあ、(紙の)雑誌てのは。

でも雑誌がみな無くなるわけではないやろ。
淘汰てことか。
アサヒカメラは淘汰で残る側と思てたがなあ。
図書館にも入っているしなあ。

さて、で、我はフォトコンをどうしよう。
10年以上、毎月応募してきたのやが。
我みたい人は結構いると思う。
休刊を知らないで、今月、来月くらいまでは
応募を続けてしまう人もいるかも。
今後どうするか。日本カメラに乗り換える?
それは違う気がする。馴染みもないしな。
同じくずっと応募を続けているCAPA一本
でいくのか。
アサヒカメラってなんか、大御所というか
権威を感じていたので、そこの月例フォトコン
てのは、目標として良かったのやがな。
年取ってもずっと挑戦出来る、いい趣味やと
思てたのやがな。諸行無常やな。
CAPAでもいいか、
でもってCAPAに失礼な(笑)。
CAPAかて、いつまでもある訳ではないかも。
(ていうとまた失礼やな(笑))
CAPAは創刊号をまだ持っていますよ。

今までアサヒカメラに応募していた
常連の人たちが、どこかへ流れるのだろうか。
そういう人たちが、他の雑誌の月例のレベルを
上げるかも知れんな。
ますますCAPA入選が遠くなるな。
藤の森稲荷の由来について知っておこう。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

Dsc_0043-9

藤の森稲荷の由来
古文書として現存する小花「観音寺縁起書」によれば
この郷には、貞治(西暦一三六二年ー)年間ころより、
藤木という武士の家が代々居住し、その子孫の
「藤木右衛門」は世継ぎに恵まれず「もし私が没したなら
ば、先祖より受け継いだこの土地に、藤の木を植えて
祠を造り、末代に「藤木」の名を残すように」と舎弟の
「渡辺小花右衛門」に遺言しました。
室町時代の天文三年(一五三四年)十月二五日 藤木右
衛門は没しその遺言どおり渡辺小花右衛門は屋敷を
払いその路地に藤の木を植え祠を造りました。
これが「藤の森大明神」の始まりだと伝えられて
います。
この郷を開発し、この郷をこよなく愛した藤木右
衛門大人の遺徳は藤の木が大きく育つと共に、
いつの頃からか「藤の森稲荷さま」と
呼ばれ近郷近在の人々より厚く崇敬されるように
なりました。
現代この郷が益々発展するのも藤の森稲荷大神様
の御加護によるものであり、郷土安泰・子孫繁栄
家内安全・商売繁盛・災難除け・身体健康・諸願
成就等々の守護神として参拝者が絶えることは
ありません。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

Dsc_0042-6
兵庫県川西市小花

以上です。


最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »