« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月28日 (月曜日)

涙(Jan 2021) :‖ 月例フォトコンチェック

涙(Jan 2021)
月例フォトコンチェック。CAPA。

2020年(掲載月号ベース)
 6月号 1次予選通過
 7月号 なんもなし
 8月号 2次予選通過
 9月号 なんもなし
10月号 なんもなし
11月号 なんもなし
12月号 なんもなし

2021年(掲載月号ベース)
 1月号 なんもなし ←今回

今回の応募作は、近所の小さな川の
側面の雑草が、増水時になぎ倒されて
模様のようになっているやつ。
あきませんか。
やっぱ、レベル高いのではないかな
CAPAのスナップの部てのは。
最近はとくに。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「看板」

Dsc_0017-25

このお店の近くには美術系の学校があり
もしかして、そこの学生さんが、この店で
バイトしているのでは?
黒板POP、なんかクオリティが高い。
バイト代、この分、別途もらってもよいのでは。

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2020年12月 7日 (月曜日)

見知らぬ、天神 :‖ 阪急、淡路駅付近

阪急、淡路駅付近の現状について知っておこう

高架化工事をやっています。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「阪急、淡路駅付近」
Dsc_0057-3

思たより、高いとこに通すようですな。
ここは、阪急京都線と阪急千里線が
交差していて、時間帯によっては
付近の踏切はなかなか開かないのだろう、
ってよお知らんけど(笑)。

我にとっては淡路駅は通過点であって、
降りたことないのよね。
昔は特急も止まらなかった。
(今は止まります。)

阪急京都線だけでなく、千里線も同じように
すんごく高い高架を建設中であった。
こら大変やな。ようこんな大工事を
するための用地が取れたもんですな。

淡路駅の近くで、海抜2mという看板を発見。
そんなに低いんや。
次の津波やら洪水のときは大変だ。
そう言えば、以前に書きました記事:
「小林一三の造りしもの(弐)」

で、淡路はなんで淡路というかちうと、
菅原道真が太宰府に流される途中、
この辺はもう海で、
ここは淡路島かと尋ねたからやとか。

そんくらい、この辺りは海抜が低い。
当時は、ここから、島熊山とか桃山台あたりが
島か岬に見えたのやろか。見て見たいですな
そんな風景。

で、この淡路駅の近く、少し東の町外れに
JR淡路駅ができています。2019年に。
おおさか東線。
この駅の所在地は菅原5丁目。
やっぱし、さっきの菅原道真の話と
関係するんやろな。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「JR淡路駅」
Dsc_0059-2

関連記事は次のもあります:
淡路の価値は

以上です。

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »