学問・資格

2017年3月25日 (土曜日)

終わる学期

なんですか、この成績は。
いやいや、毎日元気に学校行って、
毎日元気に帰ってきてるのやから、
それ以外の事は、親は、とやかく言う事やないのでした、
そうでした。そうでしたね。そうなんでしたね。

How bad the academic record is?
No, he goes to school cheerfully every day,
and returns vigorously home every day,
if so, our parents shouldn't complain it at all!
That is right. that's right. I see.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「ゴルフクラブの刺された自転車」 
Dsc_0033club_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土曜日)

熱力の価値は

『今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい 熱力学の本』
久保田浪之介 B&Tブックス 日刊工業新聞社
てのを読んだ。

誤字脱字結構がある。

そして何というか、例えばこんな感じで→
「吸収は分子の並進運動のための運動エネルギーと分子を
 構成する原子間との間の重心回りの回転エネルギーと
 原子間での振動エネルギーに変換されて分子が保有する
 ことになります。」

脳みそ腐りそう。「・・・原子間との間の」のあたりで、
腐りそう。

「Cv」を「定積比熱」ではなく「定容比熱」と呼んでいる。
ほな、「体積」という言葉は使わず、「容積」といっているか
というとそうではない。

「V」が「体積」で、「v」が「比体積」かと思うと、
ページによって、違っていたりする。
だいたい比体積てな言葉てなじみがない。
(理学ではなく、工学の分野ではなじみの言葉なのかも)
単位質量あたりの体積(密度の逆数)てことらしいが
脳みそ腐りそう。

アボガドロ数のことを「マジックナンバー」と呼んでいる。
そんな記述、他で見た事ない。

絶対零度を「-273.16℃」としている。
そんな記述、他で見た事ない。普通は「-273.15℃」。
またそのページのグラフが軸が間違っていて?それ以下
の温度(-273.5℃とか)が示されていて意味不明。
加圧するほどに、ヘリウムは温度が下がるが、
他の気体は温度が上がるようなグラフになってて
(まあ、軸がおかしいから、「下がる」「上がる」が
それぞれ逆なんかも知れんが、どっちにしても)、
意味不明。
何をどう間違ったらこうなるのか、符号?
にしてもおかしい、とか考え出すと脳みそ腐る。

まあ、そこに限らず、総じて、出て来るグラフが
難しすぎて意味がわからないのが多い。
「トコトンやさしい」て、どこらへんが?と思った。

速やかに図書館に返却に向かうことにする。

It's normal to feel unmotivated when you read this book.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「神戸布引ロープウェイ」 新神戸駅を眼下に見る。
Dsc_0019nunobiki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日曜日)

命名の選択を

新元素の名前は-iumと付けると
言われたり書いてたりしますが
例えばここのいちばん下のとことか。

しかし
117番はテネシン
118番はオガネソン
て、iumついてないやんか。

それぞれハロゲン(アスタチンとか)、
希ガス(ネオン、アルゴン、クリプトン、キセノン、ラドンとか)
やからとか。

それやったらそういう決まりです、
-iumでなくてもいいんですと言えばいいのに。
そこはっきり言わないから、何かそこ気になって、
ニュースが頭に入らない。

Doesn't a new element's name need to have "-ium" ?

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「金網越し」大阪空港
Dsc_0007ita

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土曜日)

嘘と沈黙

「水素水」の製造機みたいのが
職場のお茶室にもありまして、
まあ、気分が悪いのですけれども(笑)

しかも、ええ、なんや、弊社の製品が
部品として使われているみたいなこって
販売協力の意味もあってか
こんなとこに置いてあるわけみたいで、
まあ、しかしイヤんな感じ。

どういう原理でどういうもんなんか、
まあ、検索してみました情報を総合しますというと

まあ、まず、水を電気分解しますと、
ほな、陰極付近では、水素イオンが還元されて
水素ガスになりますわなあ、
その分、水素イオン濃度は下がるつまり
pH値は上がる、つまりアルカリ性に傾く、
っちうこって、つまりそれを
「アルカリイオン水」とか
「アルカリ性電解水」」とか
「還元水素水」とか、好き好きに呼称されている
っちうことらしい。

てことで、
多少アルカリ性の水っちうことで
飲んでも大して害はないし、
まあ胃酸過多に効かないこともないかも知れん、
くらいのことらしい。

ただ水素ガスがわずかに溶けている、
(っちうても、容器からはすぐ抜けるであろう、
 飲んだらすぐ体温で温まって、とぶであろう)
ちうことについては
人体への影響はほぼないであろう。

まあ、職場に設置するのもギリOKてとこですかな。

ここまで検索で調べたせいで、
しばらく我PCは、水素水の広告ばかり出ますな。
あほくさ。買わへんて、そんなもん。
学校とか、理科とか、ちゃんと教えとんのやろか。
大丈夫やろか、ウチの子らも。
ボーア半径とか、気体の溶解度とか、
分かってへんでしょうなあ、こいつら。

Do school's science classes work for children well?

Nikon D5300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
「飛行機」
大阪国際空港を飛び立ったところ。
Dsc_0052plane

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月曜日)

学べ、逃げ出した後

「ファインマン物理学を読む」竹内薫
てのを、図書館で借りてきて読む。

そういえば、学生の時、学校の図書館に
ファインマンの本はたくさんあった。

しかし、我は、読まなかった。
(ちらっとくらいは見たような気もしないではないが。)
なぜか。

我は、手っ取り早く、試験にさえ通れば、
単位されもらえればよいとの堕落した考えに陥ってしまい、
試験に出るところだけを覚えてしまったのだ。
この「ファインマン物理学を読む」を読んでそれを再認識した。

結果、
この本の最後の方に出て来る式、かろじて
何となく見覚えがあるなあ、てな程度であって、
そこに至るまでの考え方など、まったく理解していないのであった。

後悔先に立たず、今からでも読もう、とはいえ、

ファインマンの原書や翻訳書を読むのは苦しい、
(あの頃なら、これが読めていたであろうなあ、
 まったくもったいない話しや)
また解説本みたいのでいいから、借りてきて(買わへんのかい)
読もうとは思てるのであった。

I could have understand "The Feynmann Lectures on Physics" at those days.
Those books have three volumes in English, but five volumes in Japanese.
Very long...

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「2円」
よそのお宅の塀に、2円が置かれているのを肉眼で確認。
Dsc_0099nien

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月31日 (木曜日)

見知らぬ、元素

113番目の新元素の命名権を理研が獲得したっちう話し。
日本初というかアジアでも初という。
これで、ねつ造研究の大失態を挽回できますでしょうか。

ジャポニウムとかニッポニウムとか
んな名前やったらいやんな感じ。

「もんじゅ」とか「京」のような命名センスが
よいんやないでしょうか。

日本人以外には何のこっちゃ分かりにくいネーミングに
なるかも知れませんが

113番目の元素て、べつに何かに応用、実用される
っちうことはなかろうので、
少々キラキラ名っぽくても、かまわんのでは。

What would you name element Z=113?

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G+Wide Converter Attachment NH-WM75
「泉の広場」12月4日、泉に水無し。クリスマスオーナメントやスピーカー?類で埋め尽くされていました。
Dsc_0047izumi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月23日 (日曜日)

最後のシュ段

小学生の夏休みの自由研究がまだ出来てないとな。

デイリーポータルZを見せて
こんな、道路標識の固定方法を探るとか
いろいろあるジャスミン茶の違いを調べるとか
札束風呂を作るとか、ホバーボード作るとか
どうや、こんなん?おもろそうやろ?こんなんやったら?
というと
うーん、他のもっとちゃんとしたサイトみせて、ときた(笑)

変にまじめなやつや(笑)。

ま最終的にはグーグル検索に頼る夏休みの自由研究やな今年も。

What kind of "Free research" do you do this summer?

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G(←こないだ購入のレンズ)
「四ツ橋筋」こないだの“汐見橋線”がオーバーパスしてた道(国道26号線)を北上するとここへ出ます。背後に見えているのは大阪駅。
Dsc_0008yotsu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日曜日)

せめて、原音らしく

我々のころは「ルーズベルト大統領」と表記していたと思いますが
現在は「ローズベルト大統領」を表記するようですな。
調べますと、[róuzəvèlt]らしいので、
確かにローズベルトの方が近いでしょうか。

ほな、なんで昔はルーズベルトやったのかしら。
つづりは「Roosevelt」、確かにルーズベルトと読みたくはなります。

I'm having reservations about this.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「猪名川」
コメントもらったせいか、急に懐かしいとこに行ってみようと思い立って今日行ってきました。
野球場、左が事務所。
GOD'S IN HIS HEAVEN. ALL'S RIGHT WITH THE WORLD.
(神は天に在り、全て世は事もなし)
Dsc_0103inagawa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土曜日)

瓶のかたち

uはんに、小学校の理科の実験の話し聞いてて
何かいまいち話しが合わないことがありまして、

「集気びん」の下に粘土を置いて、
そこへ隙間を開けたときと開けないときで、
中のろうそくの炎が、、、みたいな話しで

びんの下の粘土をどないしようが何の関係が???
隙間???

調べますと、集気びんて、底が抜けてるタイプがある!!
こんなん、上も開いてて、底の抜けてたら
ただの、「筒」やんか、それを「びん」と呼ぶ??
へえ〜??知らんかったすなあ。

There is a bottle that bottom falling out.
It's hard to believe.


Nikon D5300 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II+Wide Converter Attachment NH-WM75
「桜」
今更ですが、一枚くらい桜を載せます。バリアングルファインダーで、高い位置にカメラをかざして撮ってますが。ほんまライブビューではピントが合いませんなあ、ちょっとぶれてもいるし。
Dsc_0020sakura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月曜日)

曇った闇の中で

皆既月食やったらしいすが、
ま、天気が悪いと見えないわけなのですが、
あれですなあ、
日食よりは月食の方が多いような気がしますなあ。

しかし、どちらも太陽、月、地球の位置関係が
まっすぐ並んだときに発生する現象ですから、
まあ、だいたい同じくらい発生するように思えますなあ。

でもあれですなあ、
日食は、月の陰に入った位置でしか見えへんけんども、
月食は、(地球の陰に入った)月が見える位置からなら
どこからでも見えるから、
つまり、夜の位置からならだいたい見えるわけやから、
やっぱ月食が(見える機会が)多い、
ちうことになるわけでしょうなあ。

How did your observation of the lunar eclipse turn out?

Nikon D5300 AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED II
(レンズは「多分」。exif情報みてもよお分からん)
「屋根の上と下のお猫様」
Dsc_0011onekosama_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧