携帯・デジカメ

2017年3月12日 (日曜日)

ピント、中心のむこうに

珍しく、花の写真なんか撮ってみまして
で、何かおかしいと気づいたわけです、
ピントが合ってませんな。
Dsc_0032pint_4

拡大
Dsc_0032pintup_2

えらい後ピンや。
家で、ものさしとか撮ってみたらやっぱしや。
位相差でピント合わすと後ピンやが
Dsc_0048mono_2

ライブビューやと合う。
Dsc_0049live_3

こらおかしい。
てことで、サービスセンターに持って行くこととした。

Unusually, I took some photos of flowers.
Then, I noticed something was wrong.
It is not in focus.
The focus is very backward.
I tried to take some measure at home and I knew it.
When focusing with phase difference, the focus is backward, but
it is in focus with live view.
I am sorry.
So I decided to take my camera to the service center.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
「何の暗号?」 
Dsc_0013_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日曜日)

3台の適格者

ニコンのサイト
によりますと、
2017年02月09日
「D5300 AF-P 18-55 VR キット」「D5300 AF-P ダブルズームキット」発表
やて。D5300は2013年11月14日発売とありますのに、
まだ現役機種で、こんなんをまだ新発売するのね、
もうとっくに次機種のD5500もD5600も発売されているのに、
全部まだ並売なのですなあ。

知らんかった。
我のD5300がいまだ現役なのはなんか嬉しいが。
3機種の中で、D5300にだけGPSが付いてて、D5300が一番重いですな。
GPS分だけ軽くなったのかしらね。我全然GPS機能を使こてませんなあ。
もったいない話し。重たいのに。


According to Nikon's site,

February 09, 2017
"D5300 AF-P 18-55 VR kit" "D5300 AF-P double zoom kit" are announced.

Although D5300 is on sale on 14th November 2013,
it is still an active model.
And they still releases this kind of model.
Even though D5500 and D5600, the next model, have already been released a long time ago,
everything is still side by side, I am glad.

I did not know that.

It is somewhat nice that my D5300 is still active.
Of the three models, GPS is attached only to D5300.
D5300 is the heaviest.
I wonder if it got lighter by omitting GPS.
I have not used the GPS function at all.
Mottainai. Even though it is so heavy.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
「造成」 雲雀丘の西方、まだまだ開拓は続くのか。
Dsc_0028hibari_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日曜日)

絞りに拘る病、そして

コシナからこんなレンズが出てます↓
クリック

ここまでAIニッコール的なデザインしてもいいんや、
絞り環のとこね、すげえな。
しかし我のD5300ではピントが見えないのでは。
(このレンズは手動ピントです)

The COSINA's new lens is very OLD.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「新御堂筋」“しんみ”を使って、自転車で(!)梅田から新大阪に行けるか、知っておこう(参)。淀川を渡る長い長い橋に出ます。もちろん歩行者も通れます。しかし結構長い道のりですが、、、あ、歩いて来る人いるわ。若い女性2人、どういう事情でここを歩くのかしら。夏は暑いで。冬は寒いで。途中に自販機1つないでしかし。
Dsc_0019sinmi_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土曜日)

見知らぬ、ファインダー表示

まあしかし、ニコンD5300で撮ってまして、
ちょっと変わった設定とかすると
ようミスします。
不注意は不注意なんですが、
なんですな、
ファインダーを覗いて撮るときに
情報が見づらいのが一つの原因かと思うのですな。
Photo
(↑取説より)
下の方に、シャッターやら絞りの値やらがまあ
出てはいるのですが、屋外での撮影やとまあ
見づらいんですよね。
他の一眼レフと比べてどうなんかが分かりませんがね。
フィルムカメラの時代は、そんなん思たことなかったが。
まあ、シャッターも絞りも必ず確認するという
習慣が身に付いてましたけどね、当時は。
今はもう堕落してしまって、だめになってしまいました。

Keep your mind on whole the finder.
That's easier said than done.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「黄金のマスク」 レプリカです。
Dsc_0085tutank

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月曜日)

ニコンの造りしもの(弐)

今度発売のニコンD3400が2016年9月16日発売予定とのことで。
ダブルズームキットは、
AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR、
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 付き
てな話しを、こないだ書きましたが
レンズが「AF-P」てな、新しいシリーズになってます。
AF駆動にSTM(ステッピングモーター)を搭載してるということだそうで、
(ほな、今までのは何モーターやったんや?)
カメラによって使用に制限のある場合がありますやとお。
こちら。

おお、我がD5300はファームアップでぎり使えるのか。
まあ、しかし、不変のFマウントとは言うものの、
まあ、カメラとレンズの使える/使えない組み合わせてのは
複雑過ぎて、覚えられない。
レンズキットで購入しろ、それ以外は知らんでという感じもして
昔とは一眼レフの楽しみ方も変わってしまうのでしょうかね。

しかし、まあ、何ですな、
もう、そんな、なんぞの市場を移転先の
盛り土してないとか、そんな細かい話し
ローカルニュースにも耐えないのでは。
そんなもん、そこの自治会の回覧板で
回したらいいのでは、いや、回覧板で
回ってきても、んなことで、いちいち
回覧回すなよ、て思うかも。

I'm behind in the study of combination of Nikkor lenses and Nikon cameras.
It's very tough.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「kaisendon」 海鮮丼をkaisendonと書いても、漢字の分からない人には結局意味は分からない。ここのメニューはそういう感じのEnglish menuやった。
Dsc_0026kaisen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日曜日)

ニコンの造りしもの

ニコンD3400が2016年9月16日発売予定とのことで。

ダブルズームキットは、
AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR、
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR 付き
てことなんですけども、これらのフィルター径が
それぞれ、55mm、58mmと大き目な上、統一もされていない、という。

ニコンは52mmにできるだけ揃えよう、という気が
もうないのかしら。
そこが気になりましてねえ。

Are you buying Nikon D3400?
I'm not thinking about it.
The kit lenses of it have not same filter size.
AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR:55mm
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR:58mm
Why does Nikon design so?
I'll see how it goes.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「レール」 京都鉄道博物館に行ったのですが、こう、じゅうたん敷のとこに列車が並んでて、これどうやって置いてあるのかと思たら、ちゃんとレールが敷設されているのですね。
しかし、そのレールの向きが、在来線と滑らかに繋がらない向きになっているように見える。
どうやってここに列車を並べたのかが???

Dsc_0008jutan

Dsc_0006rail

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月30日 (水曜日)

見知らぬ、モード

愛用しておりますニコンD5300、
使こてない機能も結構ありましてですね、
こないだ「SCENE」モードで「紅葉」は使いましたけどね、
「EFFECTS」モードで「ローキー」てのがありましてね、
これは使えるなあ、とか思てますけどね、

そのモードにしたときに背面液晶に表示される作例写真が
ニコンFM3Aの写真(カメラ自体を撮った写真)なのは、
なぜかしら。
このモード使う人は、これが好きやろう、ちうことか、
いいとこ突いてる(笑)

そのFM3Aに装着されているレンズは、
薄めのレンズなのですが
まあ、あのFM3Aと同じ頃に発売された
AI45mmF2.8Pのブラックタイプと考えるのが妥当ですが、
そうではないようにも見える、

そのモードに合わせたときに背面液晶にちらっと
表示されるのですがすぐ消えてしまう。

もっと昔のレンズ、レンズシリーズEの
50mmF1.8くらいに見える。なんでしょうなあこれは。

When you set D5300's "EFFECTS" mode to "Lo",
you can see Nikon FM3A.
What is the lens set on the FM3A?

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G+Wide Converter Attachment NH-WM75
「JR今宮駅」昔は環状線には今宮駅は無かったと記憶します。いつからか環状線にも今宮駅ができまして、どないなってんねろと思たら、こないなってます。環状線を立体的に配置することでJR難波の方にいく線路(大和路線)と乗り換えが可能になってます。
Dsc_0204imamiya_2

Dsc_0207imamiya

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火曜日)

ごみ、侵入

Nikon D5300、ファインダーを覗きますとゴミが見えますな。
一眼レフはクリアなファインダーてのが一つの魅力なのですが
これでは少々気分が悪い。

しかし、これ掃除しようと思うと
レンズ外してブロウせんとあかんのですが、
しかし、それやるとゴミが舞うことになるわけで、
撮像素子の方にゴミがいくんやないかと思て、
掃除を躊躇しとったわけです。

バシカメドットコムとかで、手軽な掃除用品を探したりしますが
いまいち、しっくりするの見つからない。

で、もういいかと、いっぺん、レンズ外して
ファインダースクリーンのあたりを
ブロウ(手で握るゴム製のブロワーで)してみますと
あっさり取れました。こらあいい!

ほな次、

実は撮像素子(の前のフィルターか)にもゴミが付いてまして、
絞りを絞った撮影で、背景が単純な絵柄の場合は、
いつもそのゴミが写っておったのですが、
これも、同じ理由(掃除したら、よけ汚れる)で
掃除を躊躇しとったわけですが、いっぺん、
やってみたんですな。

ミラーアップしまして、おお、初めて、このカメラの撮像素子
(の前にあるフィルター?越しにですが)を見ましたな、

で、ひっくり返して(レンズマウント側を下に向け)
こわごわブロウしまして、ミラー戻してレンズ付けて、
撮ってみますと、、、、ゴミ取れてない。

もう1回繰り返す。今度はもう少しブロウする。ゴミ取れない。

もう1回繰り返す。今度はさらに強くブロウする。取れた!

なんか爽やかな気分ですな。
このブロワー、もう古くて、ゴム劣化してて
吹き出し口が溶けたみたいになってて、
そこを針でついて吹き出し穴を確保してるような、
そんなボロブロワーなんですが、
それでこんなきれいになったら上等やわ。
てか、ブロワーくらい新しいの買おかいな、と思たんですな。

I wonder that cleaning the sensor would make it dutier than clear.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G+Wide Converter Attachment NH-WM75
「JR大阪駅」西の空に月。
Dsc_0005osaka_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木曜日)

レンズの選択を

ついに、
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gを購入。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
Dsc_0054sanjuugo_2


メーカー希望小売価格:¥36,072 (税抜 ¥33,400)
ニコンダイレクトでは30,662 円(税込)なのですが
(なんで値段表記を、ニコンイメージングと
 ニコンダイレクトとで¥と円というふうに変えているのか
 不明ですな)
発売後、何年かたってますし、中古で探しました。

ネットで、梅田のカメラ屋さんに在庫があるのを確認、
こういうのは、現物を確認した方がよいだろうと、
リアル店舗に行ってみますと、
ネット上ではABランクのしか無かったのですが、
実際には新同品(現箱やら保証書やらフルセット)が
同じ値段で存在(なんで?と聞くと、さあ、仕入れ値が
違ごたんちゃうか?みたいなお返事)しまして、それを購入。

プロテクトフィルターはおまけでくれました。
税込み2万円ちょい。

マイD5300に取り付けてみて動作を確認、
そのまま付けたまま帰りました。

付属のフード(HB-46)がえらい浅い。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
Dsc_0055hood


昔のAI改35mmF2.8用のフード(型番忘れた)と
同じくらいに思えます。このレンズの場合は
同じ35mmとはいえ、DXフォーマットなのやから
換算52.5mm相当てことで、もっと深くていいはずなのやが。

もしかして、FXフォーマットでクロップで使うときに
ファインダー視野がケラレるのを避けた?
んなわけないですわな。

手ぶれ補正はないのですが、その分コンパクトに仕上がっている
と思えば仕方なし。画質もいいのかも。

しかし、この焦点距離は慣れませんな。
フィルム時代から50mmてあまり使ってきませんで。
というのはうちのニッコール50mmは古すぎて
AI改造できんかったんで、ニコンFMで使うときに、
AI連動爪を跳ね上げて、絞り込み測光せなあかんという
めんどくささがあったんで。

ま、そのうち慣れるでしょう。いや、慣れない方が、
(万年)スランプの我の写真表現に新たな刺激を
与えてくれるでしょう(笑)。

最近のレンズはみな絞り環が無いのですが、
まあ、それもしょうがないんかも知れませんが(コスト?)、
レンズ交換のときにカメラ本体と合わせる指標が
ちょっち探しにくい、
昔の絞り環のあるタイプで、ここと覚えているから、
絞り環のないタイプやと、どこかわからなくなる、
まあ、これも慣れたらしまいやが。

まあ、キットレンズより小さくて軽くて威圧感がなくて結構ですな、
明るいから、ボケも大きいのが新境地。

で、ここでちっともこの新レンズ作例は示さないのですが、
これもいつもの事で(笑)また今度。

I'll put in a good word for this lens.

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「祝勝の後」
少年野球で、なんかの大会で優勝したとかで、「炭酸水かけ」
をしたとの事。そのガラの山です。
ベタベタしなくてノンアルコールで(当たり前!)少年野球の
祝勝にはこれがよいようですよ。
Dsc_0192tansan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日曜日)

測らない、露出

不変のニコンFマウントなんで
D5300にAiニッコール85ミリF2とか
そら装着は出来ますけども、

ピントはもちろん、露出も手動で
しかも露出計も動かへんということで

別個に単体露出計(セコニック スタジオデラックスII)とか
持ってたりしますけども

でも
レンズキャップしたままでスイッチオンしたりしますと
背面液晶に
 「! 被写体が暗すぎます」
て警告が出ますなあ。

明るさ、測れてるんやん、
ほな、どんくらい暗いとか明るいとか
カメラの野郎、分かってるんやろ、

ほな、それ表示してくれたらええのになあ、
えらい、いけずしますなあ。

まあ、なんか、わずかな誤差とかが出るかも知れんくて
保証でけんのでしょうかねえ。

The indicate of exposure could be incorrect if old lenses set on new cameras.

Nikon D5300 AI Nikkor 85mm F2
「こいのぼり」猪名川。絞りつぶれてるんで、やむなく絞り開放で撮影。
Dsc_0023koinobori

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧