趣味

2018年7月 9日 (月曜日)

ニコンの造りしもの

ニコンD5300のファインダー内を
スマホで撮ってますがこんな感じでして
SHARP AQUOS SHL25
Img_20180708_150254174
画面の下に露出などの情報が電光掲示で出る感じなのですが、
これが天気のいい真昼間などですと、
ほんま見えにくいのですねえ。
ニコンFMのような直視式の絞り値表示、
透過光を利用した感じのシャッタースピード表示の方が
原始的だが見やすかったと思います。
まあ、D5300の場合、そんなもん見んでもええやろというと
まあ、そうなんですが、絞り優先オートとか
マニュアルフォーカス時のフォーカスエイドとか
そんなときには、見るんですけども。
ちわー、NERVですが、見えない撮影の情報と的確な対処はいかがっすかー。
空、青い空。目に見えないもの、目に見えるもの

Information in the viewfinder of Nikon D5300 is hard to see.

Nikon D5300 Voigtlander ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical(Ai-S)
「夏はそこかも」
Dsc_0003_4


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日曜日)

コシナの造りしもの

Voigtlander ULTRON 40mm F2 SLII Aspherical(Ai-S)
ですけども、こんなドーム型フードが付属しております。
SHARP AQUOS SHL25
Img_20180708_150200884_2
このフードの先っぽにもネジが切ってあって、
付属のクローズアップレンズなんかが取り付けられるのです。
直径(内径)は39mmです。
こういうフードでいいのでしたら何ですか、
レンズの前玉の直径てのは結構ムダがあるちうことですか?
ほな初めから前玉の径を39mmにしといたらええのに??
実際は52mmです。
我は52mmのプロテクトフィルターをはめて
その上からこのドーム型フードをつけておるのです。
(それでもケラレは確認できません。)
しかし、これやったら、
フィルターは39mmのにしたらよいですなあ。
径の小さいフィルターほど安いんですから。
しかし、所有している他のレンズとの互換を考えると
52mmになってしまうのですけんども。
まあこのレンズ、結構軽くて(180g)、
薄型で気に入っております。

そう、直径63.6mm、厚さ24.5mmのね。
その極薄の空間を
内向きのATフィールドで支え
内部はディラックの海と呼ばれる虚数空間。

Voigtlander ULTRON 40 mm F 2 SLII Aspherical (Ai - S) came with a dome type hood. Its diameter is 39 mm. The diameter of the front lens is 52 mm, but 39 mm is enough.

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「3車室あり」 車室てな言い方、知らんかった。
Dsc_0039_2


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日曜日)

CIAの造りしもの

米中央情報局(CIA)のウェブサイトから

これは往年のコダクローム64やねえ。
フラッシュ撮影時、ガイドナンバーの換算に便利なように
感度が64てな平方数になっているなんて、
イマドキ不要な知識であろうな。
コダクロームは外式てな珍しい処方を採用していたので
現像もK-14指定であって、そんなん、もはやどこもやってない。
コダクロームは現像も含めるとちょっと高いし
納期もかかるし、感度も低いし(コダクローム200てのもあったが)
あんま使ったことがなかったな。
最後廃止になるとき、結構話題にもなったので
そのうちクラウドファンディングとかで復活しないかしら。

This is Kodachrome 64 of the past year. I wonder if it will be revived by crowd funding.

Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「北伊丹駅」 
Dsc_0057


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土曜日)

月例フォトコンチェック。

2017年
アサカメ(発表月ベース)・・CAPA(掲載月ベース)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月号 なんもなし・・・・1次予選通過
11月号 なんもなし・・・・なんもなし
12月号 なんもなし・・・・なんもなし

2018年
アサカメ(発表月ベース)・・CAPA(掲載月ベース)
 1月号 なんもなし・・・・なんもなし
 2月号 なんもなし・・・・なんもなし 
 3月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 4月号 なんもなし・・・・3次予選通過
 5月号 なんもなし・・・・なんもなし
 6月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 7月号 なんもなし・・・・なんもなし ←今回

今回は桜の間に人の姿が見えるやつ、
桜を見ている親子、
モノクロ用オレンジフィルターを使った意欲作(笑)の桜
であったが全滅や。
アサヒカメラの方の評を見ていると(立ち読みで)
応募者の過去の作品と比べて今回のはどうだ、とか
そんなことを述べられている。
まぐれで1回でもましな作品を応募してしまうと、
それを超えないと評価されないのだろうか。
そういう評を読んだこともある。
常連さんでもないのに、毎月落選を繰り返しているだけやのに
いちいち我の応募作品なんか
覚えていはるもんなのやろか。


I checked the monthly photo contest.

2017
ASAHI CAMERA ... CAPA
(announced monthly basis) (posted month basis)

October issue_________None...First qualifying pass
November issue________None...None
December issue________None...None

2018
ASAHI CAMERA ... CAPA
(announced monthly basis) (posted month basis)

January issue_________None...None
February issue________None...None
March issue ________None...First qualifying pass
April issue ________None...Third qualifying pass
May issue ________None...None
June issue _______None...First qualifying pass
July issue _______None...None ← This time

If I apply for a good work even once, will not it be evaluated that it does not exceed that?
Does the elector remember my submissions that are repeatedly defeated every month?


Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
「北伊丹駅」ホームと改札が地下道で繋がっているタイプ。この近くではあまりないタイプ。
Dsc_0005_3


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金曜日)

スカイライトフィルターの価値は

2018.06.08
大村祐里子の身近なものの撮り方辞典第14回
「雪」は高難易度な被写体。撮影意図はしっかりと

なんでこの時期にこの話題かを聞きたい(笑)
南半球か。

デジタルではあまり問題にならない?のかも知れんが?
雪景色といえば、昔、フィルムではオートで撮ると
晴天では、青空の反射光で雪景色が青く写り
こんなんあかんとの批判をよくみたもんだ。
パターン青、使徒と確認、てなもんや。
よって露出をプラス補正しろとか、フィルターを入れろとか
そういう話になっていた。
しかし、青い雪景色写真って結構多いもんやから、
逆に、晴天下の雪景色は青いもんやという認識が生まれ、
青くないと、らしくない感じもするんですよね。
氷河なんか見にいくと、
実際青いという話も聞いたことがあるでしかし。

Why are they talking about snow photos this time?
Is this the Southern Hemisphere?

The picture of the blue snowy landscape used to be criticized.


Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「ホームでも傘をさしたままの人」 この人、改札もずっと、傘さしたままで通過してきたでしかし。 
Dsc_0004_1


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土曜日)

月例フォトコンチェック。

2017年
アサカメ(発表月ベース)・・CAPA(掲載月ベース)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月号 なんもなし・・・・1次予選通過
11月号 なんもなし・・・・なんもなし
12月号 なんもなし・・・・なんもなし

2018年
アサカメ(発表月ベース)・・CAPA(掲載月ベース)
 1月号 なんもなし・・・・なんもなし
 2月号 なんもなし・・・・なんもなし 
 3月号 なんもなし・・・・1次予選通過
 4月号 なんもなし・・・・3次予選通過
 5月号 なんもなし・・・・なんもなし
 6月号 なんもなし・・・・1次予選通過 ←今回

CAPAの方、選者の評をみますと、人物写真を評価するように、
よく書いておられるので、我写真のようなのは不利だな。
今回のなんかスプーンやもんね(笑)


I checked the monthly photo contest.

2017
AsahiCamera (announced monthly basis)...CAPA (posted month basis)

October issue_________________None..First qualifying pass
November issue________________None..None
December issue________________None..None

2018
AsahiCamera (announced monthly basis)...CAPA (posted month basis)

January issue_________________None..None
February issue________________None..None
March issue ________________None..First qualifying pass
April issue ________________None..Third qualifying pass
May issue ________________None..None
June issue ________________None..First qualifying pass ← This time

As for CAPA, the election seems to evaluate portraits.
Therefore my picture is disadvantageous.
This photo is a spoon (laugh).

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
「地図」日生中央はぎりぎり能勢町。
Dsc_0004


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM誕生(弐)

ニコンFMあたりから本格的にAI方式と呼ばれる、
レンズの開放F値を内蔵露出計に伝達する方式が
ニコンの中でドミナントになっていくわけですが、
で、有名な「ガチャガチャ」方式が姿を消していくわけですが
ほな、他のメーカーってどうしてたんやろか。
開放F値伝達の話というともう「ガチャガチャ」
という話になりますので
他のメーカーのことってあまり語られませんが。
まあ、どうやら、よそはマウントを変更して
連動構造を追加したりしているようですね?
ニコンは不変のFマウントを維持せなあかんので
またフラッグシップ機に追加で露出計を載せたりしたので、
「ガチャガチャ」を編み出さざるをえず、
それがかえって特徴になったので、
人口に膾炙するに至ったのであろう。
人口に膾炙するって書きたかっただけだ。

In full swing from Nikon FM, the method of transmitting the open F value of the lens called the AI ​​method to the built-in exposure meter becomes dominant in Nikon.
And the famous "gacha gacha" method disappears.
Then, how did other manufacturers do?
As far as the talk of open F value transmission is concerned, it will be a story of "Gacha gacha", so I can not say much about other manufacturers.
Well, apparently, it seems that other manufacturers are changing mounts and adding interlocking structures, are not they?
Since Nikon had to maintain an immutable F mount and added an additional exposure meter to the flagship machine, it had no choice but to create "gacha gacha", which was rather characteristic, and was made popular.
I just wanted to write an idiom that would make it popular.


Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「阪急大阪(梅田)」 この表記は珍しい。阪急梅田(大阪)などが多いと思う。能勢電、日生中央。
Dsc_0003_2


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM誕生(壱)

ニコンFMはファインダー内の3つの赤いランプで露出を表現している。
適正露出だと、真ん中だけが点灯する。
+ 
◯ ●

てな感じ。

少しオーバーだと
+ ●
○ ●

てな感じで、真ん中と上が点灯、
それ以上オーバーだと
+ ●


と上だけ点灯、という具合。
アンダーだと、逆に下のランプが点灯していくわけです。

で、
不思議なのが
テレビ画面を撮影する場合、というのがあってですね、
その場合、適正露出のときは
+ ●
○ ●
ー ●
と3つとも点灯する、ちうのをさっき思い出しました。
で、これを確認しようと思いましたが再現せず。
こらあ、昔のブラウン管テレビのときの現象なのだなあ、
今のテレビやら、パソコン画面やら、スマホでは再現しない。
画面の明滅の加減でそういう現象が起こっていたのでしょうかね。

Nikon FM expresses the exposure with three red lamps in the viewfinder.
With proper exposure, only the middle lights up.
Like this;
+
◯ ●

With a little over, like this;
+ ●
○ ●

The middle and the top are lit.
If it's over;
+ ●


Only light up.
If it is under, the lower lamp will be lit in reverse.

so,
It is strange,when shooting a TV screen,
in that case, at the time of proper exposure;
+ ●
○ ●
ー ●
I remember that all three lights are lit.

So, I tried to confirm this but did not reproduce.
This is a phenomenon in the case of an old CRT TV.
I do not reproduce it on TV(liquid crystal), PC screen, or smartphone.
Was such a phenomenon occurred due to the blinking of the screen?


Nikon D5300 AF-S DX Nikkor 35mm f/1.8G
「日生中央」。能勢電の終点のひとつやが、ほんま、退避線だけしかないんや。
Dsc_0001_4


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日曜日)

銀塩カメラの価値は

カメラ誌などなどでよくお見かけする
赤城耕一氏は1961年生まれだそうで、
もっと年上の方かと思てました。
我がカメラ的に物心がついたときは、
ニコンですとEM(リトルニコン),
ミノルタですとX-7(ピカピカに光って)
コニカですとFS-1(ザ、ワインダー)
キヤノンですとAE-1P(何かあったかしら)
て感じですからね、
赤城氏って、そらあえらい年配の方かと思いますわなそら。
我の脳内パーソナルデータの書き換えが必要だ。

Mr. Koichi Akagi who is often seen in camera magazines etc.
seems to be born in 1961, I thought he was older than it.
The camera sold at the time of my camera's attention on my life is Nikon EM (Little Nikon), Minolta X-7 (you shines shiny) and Konica FS-1 (The Winder) Canon AE-1P (any phrase??)
So,Mr. Akagi, I think that he is a elder person.
It is necessary to rewrite his personal data in my brain.

Nikon D5300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
「あいのり大会」いろんな大会の合同開会式。コードシェアー甚だしい。
Dsc_0092


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木曜日)

鞄の選択を(四)

まだVANGUARD「VEO Travel 21」の話。
全体のデザインとして、それほどカメラバックっぽくないのはよい。

内部の仕切りが、途中で折れ曲がるようになっているが
この機構のうまい使い方がようわからん。

鞄の背面に小さい持ち手がついているのはよい。
ちょっと持ち上げるときに、長いショルダーベルト持つよりは
そっち持った方が便利。
ただ、その持ち手を持つと、重心の関係で、
鞄全体が前にお辞儀してしまうのは
設計ミスではないのか。中身が出てしまいそう。
しかし、鞄内部に巾着機構が仕込まれているので、
それを使えば、中身が容易に飛び出すことはない。
しかし、当然ながら今度は、取り出しと収納がしにくい。
まあ仕方ないか。あまり文句ばっか言うてもな、
その傲慢がセカンドインパクトを引き起こす。

I still continue talking about VANGUARD "VEO Travel 21".
As a whole design, it is better not to be so much camera back.

The internal partition is designed to be bent in the middle, but I do not know how to use this mechanism well.

It is good that a small possession is attached to the back of the bag.
It is more convenient to have that than holding a long shoulder belt when lifting it up a bit.
However, it is a design mistake that if you hold the possession, due to the center of gravity, the entire bag bows forward. The contents seems to come out.
However, since the purse string mechanism is installed inside the bag, contents can not easily pop out if it is used.
However, of course, it is difficult to take out and store this time.
Well it can not be helped. Even though I complain too much, that arrogance will cause a second impact.

Nikon D5300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED
「堺」歩行者や自転車が走りやすいようスペースが広く取ってあるところも多い。
Dsc_0002_3


人気ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧