旅行・地域

2022年1月 4日 (火曜日)

縄文人の造りしもの :‖ 国指定 史跡 加茂遺跡

国指定 史跡 加茂遺跡について知っておこう
鴨神社の敷地内にこういう看板あり。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「国指定 史跡 加茂遺跡」
Dsc_0002-39

国指定 史跡 加茂遺跡
指定年月日 平成12年7月31日

 加茂遺跡は、標高約40メートルの台地上に立地する旧石器・縄文時代から平安時代にかけての集落跡です。遺跡
の存在は、明治44年に出土した栄根銅鐸や、多量の弥生土器・石器が散布することで早くから知られていました。
昭和11年には、地元に採集資料を展示した宮川石器館が開館し、現在も続けられています。遺跡内では、これまで
200次をこえる発掘調査が行われており、とくに最盛期となる弥生時代中期(約2000年前)の集落状況が明らか
になってきています。
 弥生時代中期の集落は、居住区と墓地を合わせた東西約800メートル、南北約400メートルもの規模(約20ヘク
タール)の大集落です。居住の中心は、遺跡東部に所在する鴨神社周辺で、直径約300メートルの範囲が環濠で囲
まれ、集落の中心施設と考えられる大型掘立柱建物跡のほか、竪穴住居が多数見つかっています。居住区は、このほ
か環濠の西外側でも確認され、最盛期には環濠内外合わせておよそ500人もの人々が住んでいたと推定されます。
また、集落の西側は墓地となっており、方形周溝墓、木棺墓などが多数見つかっています。
 平成12年、本遺跡は近畿地方の弥生大規模集落のあり方を具体的に示す貴重な資料として、国の史跡に指定され
ました。なお、遺跡出土遺物は、川西市文化財資料館(西方約300m)で展示しています。
    川西市教育委員会

読み方
栄根(さかね)
大型掘立柱建物跡(おおがたほったてはしらたてものあと)
方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)

この鴨神社あたりは、台地の隅っこにあたり
恐らく、古代から、例えば戦略上でも重要な
位置やったのやろうと思えます。
見通しがよく、川が堀っぽくなっている上、
台地の斜面にも人工の堀があったとの
事ですよ。斜面に堀て。

以上です。

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2021年8月29日 (日曜日)

美しい花など造りしもの :‖ 分区園

「今年はセミの「ひぐらし」の鳴き出しが
 早いような気がします。
 7月からもう鳴いていたのでは。」

とか思てましたが(以前の記事)、
今は、なんか、
ツクツクボウシがドミナントですなあ。

西武庫公園の分区園について知っておこう。
尼崎市の、同公園の、お花畑のようなエリア
です。

Nikon D5300 DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「分区園」
Dsc_0052-4

分区園
分区園は余暇を利用して美しい花など造りながら自然に親しみ生活
に楽しみとうるおいを持つために造られた「貸花壇」です。
1区画10m2の花壇が50区画あり花壇を借りたい人たちが自由に花造り
をするようになっています。
園内には誰でも自由に入ることができます。
入園時間は午前9時から午後5時までです。
花壇はいつも美しく、いつもきれいにして、みんなが楽しめる公園
にいたしましょう。

   分区園はすでにヨーロッパ各地で都市の緑化と情操教育
   やレクレーションをかねて、大規模なものが盛んに造ら
   れていますが日本では戦後初めての試しみとして設けら
   れたものです。

       開設 昭和40年4月1日
       面積 約3,600m2

「戦後初めて」というところが
よく分かりませんな。何が初めてなのかが。
分区園ができたのが、

この尼崎が第一号なのか、いや、
そうではないな。

文章の通りに解釈すると、
いろんな「試しみ」が設けられたが、その中で
戦後初の「試しみ」は分区園だ、
ということだが、やっぱ分かりませんな。
他にどんな「試しみ」の例があるかが
分からんからかな、

以上です。

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2021年5月 7日 (金曜日)

平成10年に造りしもの :‖ 一庫公園

一庫(ひとくら)公園、展望台的な場所も
あるのですが樹木ボウボウで、
結構眺望不良でした。

 

ところが

 

Nikon D5300 DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「眺望づくり」
Dsc_0017-28

 

--------------------------------------
企業との連携事業 眺望づくり
川西市造園緑化協会の支援をいただきました!
 平成10年に開園した一庫公園、周辺樹木が生長し、高木・老木・朽木となり、
公園から知明湖や周辺一帯が望めなくなりました。
 令和2年(2020)年4月30日〜5月1日に、川西市造園緑化協会(荒木正雄
代表理事)の協力により眺望づくりのため部分伐採を行っていただきました。
 ダム湖100選の1つ
  「知明湖」をごらんください!
--------------------------------------
確かに、向こう(知明湖(ちみょうこ))が
見えるようになっていました。

 

一庫公園て平成10年開園ですか、
ずいぶん前から眺望不良のように思います、
まあ、10年ほどたてば、
展望台の目隠しになるくらい
樹って茂るもんなのですかなあ。

 

で、ダム湖100選て何じゃい。
検索すると平成17年3月16日に
全国の65ダム湖が選ばれているらしい。
100は無いな(今も?)

 

別の看板もあり。

 

Nikon D5300 DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「ダム湖百選」
Dsc_0008-15

 

一庫ダムはNo.44だ。
この写真では文字がよく読めません、
でもここ
この看板のpdfを見つけました。

 

Nikon D5300 DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「食事の禁止」
Dsc_0015-19_20210507171101

 

この一庫公園、食事禁止の看板がありました。
外であっても、集まって食べたらリスク高い
からか。

ーーー
追記:↑この写真の話、前の記事とダブってますね
はずかし
ーーー

以上です。

 

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

 

| | コメント (2)

2021年5月 5日 (水曜日)

見知らぬ、名所 :‖ 阪神・淡路百名所(参)

で、阪神・淡路百名所の一つ、一庫ダムについて
知っておこう。

一庫ダムにあった看板はこちら:
Nikon D5300 DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「看板」

Dsc_0009-24

この看板の記載は下記です:
(撮った写真が下手で読めないところあり)
--------------------------------------
一庫の里山に生きる歴史と文化
   〜生きている里山〜

 一庫の里山はクヌギの里山です。ここは数百年も前から続く茶道用高
級炭、一庫炭(池田炭)の産地です。今もわずかながら生産が続いている
のですが、ほとんどの里山で、維持管理がされなくなり、一庫の生きた里
山の風景や、文化が絶滅
に瀕しています。

  森が利用され、生きている風景
  生きた里山は
   人の手で
  成り立って
  いるんだね

ひとくら丸くん

一庫炭(池田炭)

名人今西さんの伝統的な炭焼き

クヌギを植えて、里山を造ろう大作戦!
     〜一庫の里山を再生中〜
 
貴重な里山を守るために、まずはクヌギの森を維
持し、一庫炭(池田炭)の焼ける里山の再生を目
指しています。しかし、植えるだけでは里山は再生
しません。苗木を養生しながら下草刈りなども行
っていきます。興味のある方、ぜひご参加下さい。

 5年後、10年後は
 どうなってるかしら?
 みんなも参加してね!
  しずかちゃん

空から見た植栽地

◆植栽日 2005年11月12日(土)
◆植栽本数:クヌギ苗木500本

●目の前の斜面(破線部)をご覧ください。

約70人で植栽しました。(今西さんにも参加して頂きました)
植栽直後(2005年11月)

里山再生に取り組んでいる仲間たち

(ここ、写真がつぶれていて読めない)

環境省里地里山保全再生モデル事業・一庫ダム水源地域ビジョン推進協議会

--------------------------------------

しかし、この看板写真、
解像度のなさ、ツブれよう、
撮り方の問題か?レンズの性能か?
絞り開放で撮っていますが、これ、
マクロレンズですよ?!?!
確かに、画面右ほど、アウトフォーカスに
なってしまってますが、しかし。
ブレてんのかなあ。一応VRなのですが。

で、「ひとくら丸くん」「しずかちゃん」
て、何じゃい。

どうも、
各ダムにキャラクターがいるらしいが、
その一覧みたいのは、これまたすぐには
見つかりませんなあ。

あと、今西さんとは?
また次回。

以上です。


最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2021年5月 3日 (月曜日)

見知らぬ、名所 :‖ 阪神・淡路百名所(弐)

阪神・淡路百名所について
知っておこう。

さて、具体的にどこが阪神・淡路百名所なのか
問題について。

一覧みたいのは見つからないので、
検索で1つ1つ探しますというと、
下記は阪神・淡路百名所のようです:

 明石海峡大橋
 有馬温泉
 北淡町震災記念公園
 西宮神社とえべっさん
 宝塚観光プロムナード
以上の出典はこちら

 尼崎市の「寺町」
出典はこちら

 兵庫県立甲山森林公園
出典はこちら

 尼崎信用金庫 世界の貯金箱博物館
出典はこちら

 神戸ルミナリエ
出典はこちら

 近松の里・近松記念館
出典はこちら

 尼ロック(尼崎閘門)
出典はこちら

と、あとこないだの記事の一庫ダムをいれて
以上で12。こらあ多分、100もないな。
いまだ募集中か。

以上です。

Nikon D5300 DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「GW」

Dsc_0009-25

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓

 

写真

 


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2021年4月29日 (木曜日)

見知らぬ、名所 :‖ 阪神・淡路百名所

阪神・淡路百名所について
知っておこう。

何じゃそりゃ。

Nikon D5300 DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「周辺広域のご案内」

Dsc_0008-21

一庫(ひとくら)ダムにある看板なのですが

周辺広域のご案内
 知明湖は「猪名川渓谷県立自然公園」に含ま
れ、湖畔の洲張・出会・国崎・龍化の4地区では
「兵庫県立一庫公園」と一体的に湖畔自然公園
エリアを形成しています。
 洪水に備えて水位を低下させた湖岸にはクヌ
ギ・コナラ・ヤブツバキなど周辺の二次林と同種
の植性も生まれてきました。国崎せせらぎ地区
での「水源祭り」や湖岸道路を走る「マラソン大会」
も恒例行事になっています。
 さらにこの一帯は、阪神・淡路大震災からの
創造的復興を支える環境として認められ「阪神・
淡路百名所」にも認定されました。

(「植性」は「植生」の誤りか。
 知明湖・・ちみょうこ
 洲張・・すばる
 出会・・であい
 国崎・・くにさき
 龍化・・りゅうが
 「マラソン大会」に「」がついている理由は不明。
 「」を付けるなら
 「川西一庫ダム周遊マラソン大会」
 と書いて欲しい。2019年に第38回を開催
 している、2020年は中止。)
 
で、ここに書いてある、
「阪神・淡路百名所」
て何じゃい。あと99名所はどこか。
たとえばここ
阪神淡路百名所へのリンクが張られているが
クリックすると
 お探しのページは見つかりませんでした
となる。兵庫県公式観光サイト内に
あったようだ。
いろいろ検索しますと
「“観光ひょうご”復興への取り組み」
なるpdfファイルに行き当たりますが
これが、画像になっていて、読みにくい、
検索しにくい。
百名所の一覧みたいのは見つけられない。
いろんな観光地等で、個別には、
「百名所に選定されました」
的な記述は、見られるので
それを全部調べるしかないのか。

以上です。


Nikon D5300 DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「安全運転」
Dsc_0002-37

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2021年4月18日 (日曜日)

田村駒治郎の造りしもの :‖ 「ビリケンさん」

池田にあるビリケンさんについて
知っておこう。

Nikon D5300 DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「福をもたらす」
Dsc_0003-37

 福をもたらす“ビリケンさん”
通天閣でおなじみの「ビリケンさん」は、
池田市出身で繊維商社(株)田村駒の創業
者・初代田村駒治郎さんが、商標登録を
行ったもの。「福のまち池田」のシンボ
ルとしてこの地にやってきました。
「ビリケンさん」は足に手が届かないので、
足の裏をなでると、そのお礼に願いをかな
えてくれると言われ、特に縁談と受験に
ご利益があるとされています。


「福のまち池田」てな表現を初めて見た。
そんなん言うのか。わけは?
ちょっと検索したくらいでは
分かりませんでした。

以上です。

Nikon D5300 DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「川底」
お金が落ちているのかと思たが、なんかのコインのようだった。

Dsc_0013-21

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2021年2月28日 (日曜日)

ミズキ、来日 :‖ 花水木

はなみずきについて知っておこう。
「はなみずき公園」てのがあります。

Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「はなみずき公園」

Dsc_0014-18

そこにこんな銘板があります。
Nikon D5300 AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
「銘板」

Dsc_0013-20

はなみずき公園

花水木:ミズキ科・落葉小高木。北米東部原産の代
表的花木で、アメリカヤマボウシとも呼ばれる。
4〜5月、葉がでるまえに花びらのような4弁の総苞
をもつ美しい花を開く。色は白、ピンク、赤、薄黄な
どがある。秋の紅葉も美
しく、また赤く熟した実
もなかなか落ちず、いつ
までも楽しませてくれる。
この花は、明治の末期に
日本からアメリカにサク
ラの苗木を贈った返礼と
して、大正4年、日本に
贈られてきた後、一般に
広まった。


宝塚市の木はヤマボウシだが、
ここはぎりぎり川西市であるなあ。
ほな、関係ないか。
アメリカヤマボウシとヤマボウシは
違う樹木らしいし。
外来種てことやな。
交雑とかの心配はないのかしら。

以上です。

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (2)

2021年1月17日 (日曜日)

寒波、襲来 :‖ 千里中央公園の近況

たまには何か書いておかないと
書き方を忘れますなあ(笑)。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開 再延期
とのことですなあ。コロナのせいで。
まさか、ほんまは完成してないとか(笑)
まさかね。んなことはないと思いますが。

1月最初、めっさ寒波きましたなあ。
千里中央公園の近況について知っておこう。

これは1月9日の千里中央公園です。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「池」
Dsc_0010-14

こっちと向こうで水面具合が違います。
向こうの方、凍っとる。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「氷」
Dsc_0011-21

近辺の池が凍結してるのなんて、
見るのは、何年ぶりか、いや十何年ぶりか
いや何十年ぶりか、というくらい
珍しい現象に思えます。

この公園にこんなデジタルサイネージが
設置されていました。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「デジタルサイネージ」
Dsc_0023-22

ここへ交通系ICカードをかざして、
公園の別の場所に設置のこれにもかざすと
歩いた(走った)所要時間が表示されます。
へ〜

以上です。


最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

2020年12月 7日 (月曜日)

見知らぬ、天神 :‖ 阪急、淡路駅付近

阪急、淡路駅付近の現状について知っておこう

高架化工事をやっています。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「阪急、淡路駅付近」
Dsc_0057-3

思たより、高いとこに通すようですな。
ここは、阪急京都線と阪急千里線が
交差していて、時間帯によっては
付近の踏切はなかなか開かないのだろう、
ってよお知らんけど(笑)。

我にとっては淡路駅は通過点であって、
降りたことないのよね。
昔は特急も止まらなかった。
(今は止まります。)

阪急京都線だけでなく、千里線も同じように
すんごく高い高架を建設中であった。
こら大変やな。ようこんな大工事を
するための用地が取れたもんですな。

淡路駅の近くで、海抜2mという看板を発見。
そんなに低いんや。
次の津波やら洪水のときは大変だ。
そう言えば、以前に書きました記事:
「小林一三の造りしもの(弐)」

で、淡路はなんで淡路というかちうと、
菅原道真が太宰府に流される途中、
この辺はもう海で、
ここは淡路島かと尋ねたからやとか。

そんくらい、この辺りは海抜が低い。
当時は、ここから、島熊山とか桃山台あたりが
島か岬に見えたのやろか。見て見たいですな
そんな風景。

で、この淡路駅の近く、少し東の町外れに
JR淡路駅ができています。2019年に。
おおさか東線。
この駅の所在地は菅原5丁目。
やっぱし、さっきの菅原道真の話と
関係するんやろな。

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
「JR淡路駅」
Dsc_0059-2

関連記事は次のもあります:
淡路の価値は

以上です。

最近の記事の一覧は
(PINGOO!がコケてなけりゃ)
こちら↓


人気ブログランキング

| | コメント (0)

より以前の記事一覧